【TV】さぼリーマン甘太朗(BSジャパン)が面白い。

  • 2017.07.26 Wednesday
  • 23:30

【TV】さぼリーマン甘太朗#2(BSジャパン)を見る。

『吉朝出版販売営業部で働く飴谷甘太朗(尾上松也)の秘密は、仕事をサボって甘味巡りをすること。堪能したスイーツを自身のブログ『甘ブロ』に更新するのが日課。猛暑の中、スーツ姿で外回りへと向かう甘太朗。クールな表情に見えるがその下にはヒートテックを着込んでいた!極限まで自分をいじめ抜くその理由はただ一つ…最高の状態で「かき氷」を食べるため!今しか味わえない絶品「かき氷」とは果たして。いざ、甘味の園へ!』

テレビ東京「木ドラ25」(毎週金曜1:00 - 1:30)の第2弾として、2017年7月14日から放送開始されたものとのこと。BSジャパンで後追いでやっていて見ることができた。

マニアックなグルメもの。今回はスイーツ。東京のかき氷店の紹介をされてもと思うが、誇張された表現が笑いを誘う。夏ドラで見るものナシと思いましたが、これだけはケイゾクとする。こういう番組が多く、少し点数が甘いのかな。

この作品はNetflixとテレビ東京との共同制作とのことで、この種のドラマも増えてきた。こじんまりしていても発想が自由で面白い。既存の地上波ドラマを脅かしています。

 

【原作】  『さぼリーマン 飴谷甘太朗』(講談社「モーニング」KC所載)  【脚本】  村上大樹、足立紳/山口智之、酒井善史

【監督】  守屋健太郎、石田雄介、高島夏来

Live Dwango Reader 打ち切り

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 05:36

ネットの閲覧の大半はLive Dwango ReaderというRSSリーダーを使っていたが、サービス終了の告知が出て驚いた。もともとはlivedoorがやっていて、それが終了したのでDwangoが引き継いだものだった。ところがそれも打ち切りとなった。

 

次を探すしかないので、ネットでRSSリーダーを検索するとinoreaderというサービスがいいという記事が目を引く。以前はなかったサービスだ。とりあえずこちらをインストールする。使い勝手はまだよくないのだが、慣れるしかない。ネットのサービスはこうやっとどんどんかわっていくので困りますね。無料で使ってるのでいろいろ言えないが。

 

【重要】Live Dwango Reader/LDR Pocketサービス終了のお知らせ|LDR / LDRポケット 開発日誌 http://blog.livedoor.jp/staff_reader/archives/52278396.html


最強RSSリーダーを選ぶならfeedlyではなくinoreaderが一番おすすめかもしれない12の理由 - ウェブ企画ラボ https://webkikaku.co.jp/blog/software/inoreader/

【TV】 土曜ステージ 三谷幸喜「不信〜彼女が嘘をつく理由」(WOWOW)を見る。

  • 2017.07.24 Monday
  • 23:22

【TV】 土曜ステージ 三谷幸喜「不信〜彼女が嘘をつく理由」(WOWOW)を見る。

栗原英雄/戸田恵子夫婦の隣に段田安則/優香夫婦が引っ越してくるところから話が始まる。戸田恵子が少し精神を病んでいて、盗癖がある。段田安則/優香夫婦の家にあるものも盗むようになる。タイトルの「不信〜彼女が嘘をつく理由」は栗原英雄/戸田恵子夫婦のことと思うと実は段田安則/優香夫婦のことでもあり夫婦間にあるのは「不信」の二文字だという話になる。

不気味さ漂うサスペンスフルな雰囲気は三谷幸喜さんにして珍しいのでは。

 

 会場は、舞台を挟んで両側に観客席がある作り。役者の動かし方にかなり気を使っている感じだ。三谷幸喜さんらしい挑戦だ。

さらにイス6個をスライドさせて場面転換を行う。二人の夫婦の部屋はシンメトリーになっているということで、斜めのイスの配置で違う部屋であることを表現する。

「失礼します」と後ろを向いて部屋を出て、すぐ振り返るとイスが動いているので自分の部屋に戻ってきたことなっている。他に走ってるシーンをイスの動きで表現したり、池になったりする。舞台と言うと、場面転換のしかたがポイントの一つだが、イスの動きだけで行うのがとてもかっこいい。後で見ると自動ではなくて人間が動かしていたんですね。

 

 作品としては面白かったのだが、三谷演劇の中で上位に位置するかと言うと、どちらかというと下位かもしれない。トラブルが起きる方へと動かすために、キャラが少しエキセントリックすぎたり、不自然な話になってたりする。三谷さんにしては笑いが少ないのも物足りない。サスペンスコメディという新しい境地といえばそうなんだが。

 

さっぱりと!もずくぶっかけそうめん | 料理動画(レシピ動画)のkurashiru [クラシル]

  • 2017.07.23 Sunday
  • 23:37

さっぱりと!もずくぶっかけそうめん | 料理動画(レシピ動画)のkurashiru [クラシル] https://www.kurashiru.com/recipes/89a01acf-971a-4a62-a1a8-67a67935f95b
をつくる。

ツナ+もずく+オクラ

ツナの油分ともずく、オクラのネバネバ感がいい感じです。

夏ドラ継続なし

  • 2017.07.22 Saturday
  • 23:16

「ドラマ24 下北沢ダイハード」「ドラマ25 デッドストック〜未知への挑戦〜」を見たところで、ほぼ夏ドラは全部スタートしたのではないかと思う。駆け足で初回を見てるうちに気がついたら見るドラマなし。それもかなり低いレベルで、一顧だにしないというレベルだったような気がする。「ハロー張りネズミ」は見ることになるのではと思ったが、これがつまらなかったのが予想外だった。

 

今日見た「ドラマ24 下北沢ダイハード」はSM好きの国会議員・修(神保悟志)が全裸でスーツケースに入り下北沢に行くのだが、見知らぬ人物にスーツケースを取り違えられてしまう。こんな大きなスーツケースを間違うかと思うが、そこはイフ物語として許せる範囲だ。間違えたスーツケースは誘拐の身代金が入っていた。億の金の入ったスーツケースを間違う?まぁいいけど、と見てると、身代金引き渡し現場に到着。すきまから覗くと、誘拐犯は自分の息子だった。慌てて家に電話すると、結婚記念日を覚えてくれてなかったと妻は離婚を決意、家を出ていた。誘拐の被害者の妻は、誘拐犯の仲間だった。ここまで来るとあまりのあり得ない設定の連続に呆れて見る気力をなくす。このドラマだけではなくて、だいたいの日本のドラマってこういう感じだよなと思う。

 

海外ドラマでもつまらないものが結構あるけど、それでも全体として落ち着いて、構成がしっかりしている。金もかけている。海外ドラマをよく見るようになると日本のドラマは物足りないものが多いと改めて思う。

 

 

「スプラトゥーン2」の発売日

  • 2017.07.21 Friday
  • 22:41

任天堂ゲーム、「スプラトゥーン2」の発売日・・・と騒いでいるのは子ども。子どもはスプラトゥーン1は1000時間したそうだ。1日4時間したとしても250日、8ヶ月はしていた計算になる。


ケーム機のswitchはゲーム発売直前は手に入りにくいと2,3ヶ月前に買った。一週間前に体験版が夕方から4時間できるというので、その日は早めにお風呂に入り、ずっとしていた。昨日は、ゲームのためのコントローラーがないと充電中にゲームができないというのでヤマダ電機に買いに行った。


ゲーム自体はだいぶ前に予約して、配送日は発売日となってたそうだ。ということで、SDメモリーのようなソフトが届く。
側で見ていたのだが、1ゲームが3分とコンパクト。ペンキ塗りというシンプルなゲームそうだが、領地確保ゲームだ。碁みたいなものですね。だいぶ違うけど。ペンキ塗るだけだからカンタンそうだが、スキルが高くないとなかなか勝てないそうだ。

 

子どもは夜は大学時代の友達のスカイプを通してずっと喋っていた。ゲームを始めるとよく見る光景。

【TV】ホジュン〜宮廷医官への道〜 (ディーライフ) を見終わる。

  • 2017.07.20 Thursday
  • 23:33

【TV】ホジュン〜宮廷医官への道〜 (ディーライフ)64回を見終わった。 

一週間に1本の割合で見ていったので、始まりは昨年の5月6日だった。1年2ヶ月もつきあってると、生活の一部、登場人物はちょっとした身内になっているので、ホ・ジュン ロスになりそうだ。これが映画と違ってドラマのいいとこだ。特に長い作品の多い韓国ドラマのいいところ。韓国では1週間に2回放送するそうだからこんなに長くは付き合わないのだろうが。

 

話は、主人公に困難がふりかかり、それを乗り越えていくというパターンで、次はこうなるだろうと予想できるのだが、作り手は、その予想していることを頭に置いて裏切っていくように作っていく。そのストーリーのうまさが一番だ。

 

また、主人公役のチョン・グァンリョルの魅力が抜群。困ったことになると目を泳がせ下を向いてしまうというような演技のパターンがいつくかあり、見てるのが楽しい。

 

キャラクターとしてはドジが印象的。師匠の息子でそれなりに医療の腕があるのだが、近くにホ・ジュンという偉大な存在があるので割りを食ってしまう。嫉妬心、出世願望、人の目ばかり気にするため、自己中心、攻撃的な性格になる。完全な悪役ではなく、凡人であるが上の行動で、ホ・ジュンが立派すぎるので、むしろドジに感情移入してしまう。

もう一人はホ・ジュンを慕い続けるイェジンの存在。一途な感じがドラマの色付けになっている。少しうっとうしいところもあるが。

 

他にオグン@イム・ヒョンシクといったコメディ・リリーフの俳優さんが韓国ドラマにはいる。こうした脇キャラがドラマに奥行きを持たせている。

 

初回のワタシの感想のところを見ると、

『監督は「チャングムの誓い」を手掛けたイ・ビョンフン監督でドラマ史上初の視聴率60%を記録し、現在でも歴代視聴率4位に入る大ヒットした。この作品から「宮廷女官チャングムの誓い」が誕生することとなった。

 

「韓国ドラマ」「歴代ランク」で検索したら本当に4位だった。

 

歴代韓国ドラマ視聴率ランキング | 年代流行 http://nendai-ryuukou.com/article/101.html

 

上位3つは時代劇ではないので時代劇として1位ということになる。下のランキングを見ると「チャングムの誓い」が10位、「朱豪」が20位となっている。8位の「太祖王建」    60.2%    200話というのが気になる。200話はスゴイなぁ。

録画しといて週一で見て1年と12週。来年の7月に見終わることになる。』

あの時はずいぶん先だった7月がもう来ました。

ホ・ジュンのいろいろあった人生を振り返るように自分の(ホ・ジュンほどいろいろはない)人生を振り返ってみたりするのも長いドラマのいいところだろう。

【コミック】雄飛小山ゆう が面白い。

  • 2017.07.19 Wednesday
  • 23:24

【コミック】雄飛小山ゆう を読む。

主人公雄飛が、ヤクザの親分の養子となり、ボクサーとして成長していくのだが、しだいにヤクザの組の仕切りに手腕を発揮するようになる。親分は明らかに山口組三台目田岡組長を意識したキャラクターで、峻堂という敵役との抗争など東映任侠映画の雰囲気が充満している。

今回は興行の世界に手を広げ、それを面白く思わない峻堂が邪魔に入るなどは任侠映画の定石。東映映画ファンマインドを揺すぶる出来だ。こういう世界をマンガで描けるとは思わなかった。

そう言えば「がんぼナニワ悪道編」は「仁義なき戦い」の世界だし、「闇金ウシジマくん/真鍋昌平」でもヤクザの世界が出てきた。東映がヤクザ映画を作らなくなったので、マンガで楽しみしかなくなった。しかしこの作品映画化すると面白そうなのだが。

【映画】ハドソン川の奇跡 が面白い。

  • 2017.07.18 Tuesday
  • 23:32

【映画】ハドソン川の奇跡 を見る。

奇跡として扱われた事件後に間違った判断ではないかという追求を受けていたとは知らなかった。公聴会がメインの舞台となり不利な状況をひっくりかえす件は法廷ものの面白さだ。

この映画は90分程度しかない。イーストウッドは平易にコンパクトにまとめることに心がけ、やたらとドラマチックにすることがない。といって奥さんが泣くシーンを入れたり、副パイロットとの絆などさりげなく臭くならない程度に感動的な話を入れる。こうしたバランスの良さが素晴らしい。日本映画だとこうはならないだろうなと思う。またこうした英雄の話は、立派すぎて白けたりするが、トム・ハンクスが演じると素直に受け入れられる。稀有な役者だ。

 

「キネ旬2016 1位」「SCREEN映画評論家が選んだ2016年度公開映画BEST10 1位」

「めしばな刑事タチバナ」(テレビ東京)が面白い。

  • 2017.07.17 Monday
  • 23:31

 アマゾンブライムのメニュー画面を見ていたら「めしばな刑事タチバナ」(テレビ東京)を発見。佐藤二朗が主役のグルメ薀蓄番組のよう。2013年の作品とのことだが知らなかった。佐藤二朗だったら面白いのではと見たらアタリだった。

初回は立ち食いそば大論争。城西警察署の取調室で、容疑者、立花刑事(佐藤二朗)と署長が立ち食いそばのマニアックな論争を交わす。東京の立ち食いそば屋ばかりなので全く知らない世界なのだが面白かった。続けて見ることにする。

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Booklog

Copied from: ブクログ -

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM