NO検査3回目

  • 2017.11.24 Friday
  • 05:44

 呼吸器科の病院で、せんそくの度合いを測るNO検査が、20以下が正常なところ103もあって、吸引をしていた。一ヶ月たって測ったら30まで下がって、辞めても続けてもいいですよと言うのでもう一ヶ月続けてみた。それで今日がその日。

 

値は32であまりかわらない。20以下は無理なようだ。とはいえ、吸引すると声がれして生活に若干支障がでるので、薬はもらい、悪くなったら薬を始めてなくなったら、診療に来ることにする。値が100以上が続くという異常事態は避けられた。軽い喘息が持病ということになる。

 

声がれは声を出すのがイヤになるほど鬱陶しいので少しホッとしてる。

【ステージ】チェコ・フィルハーモニー八重奏団大分公演@ホルトホール大分大ホールを楽しむ。

  • 2017.11.23 Thursday
  • 05:37

【ステージ】チェコ・フィルハーモニー八重奏団大分公演@ホルトホール大分大ホール に行く。

八重奏というのは初めて聞く。一人ひとりの音もクリアに聞けるしアンサンブルも楽しめる。透けて見える構造物のようで個と全体の音が楽しめる。

クラシック名曲選ということで、ほとんどが有名な曲。2部は童謡などが多く子どもも楽しめるブログラムになっている。メンバーはチェコの名だたる主席ばかりのようで、演奏が透けて見えるので緊張感漂うが、その中にも余裕の演奏だ。人柄も偲ばれる面々で音楽っていいなと改めて思う。

 

第1部 ≪クラシック名曲選≫

スメタナ:モルダウ

ドヴォルザーク:交響曲「新世界」より第2楽章“ラルゴ(家路)” 

チャイコフスキー:バレエ「くるみ割り人形」より“花のワルツ” 

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ

ビゼー:歌劇「カルメン」より 序曲〜間奏曲1〜間奏曲3

ドヴォルザーク:ユモレスク

ネドバル:バレエ「怠け者の物語」より“悲しきワルツ” 

シュトラウス2世:皇帝円舞曲

<休憩>

第2部 ≪日本の歌、世界のメロディー≫

日本の歌:ふるさと・赤とんぼ・さくらさくら・荒城の月・浜辺の歌

ドイツ民謡:ローレライ

ロシア民謡:黒い瞳

イギリス民謡:グリーンスリーブス

ドヴォルザーク:わが母の教え給いし歌

フィビヒ:詩曲

デンツァ:フニクリ・フニクラ

ビートルズ:エリナー・リグビー

ジョプリン:エンタテイナー

新しい料理

  • 2017.11.22 Wednesday
  • 06:04

「きょうの料理」60周年記念番組をしていた。これまで14700回やり、料理の数は4万点あるとか。

 

少し前の「マツコの知らない世界」を見ていたら今はグルメコミックというのが1200以上あるそうだ。蔦屋のコミックコーナーでもグルメコミックのコーナーがあるほどの盛況だ。1200もあるとは驚き。

 

テレビでは「きょうの料理」以外に「キューピー三分クッキング」「おしゃべりクッキング」というオーソドックなものも含めて30近くの料理番組がある。
雑誌だって、女性誌の多くで料理の頁を持っている。

これに「クックバッド」を始めとするネットでの料理の紹介がこれまたスゴイ。動画だけで7つくらいをワタシは登録している。

 

紹介している料理の中には肉じゃがの作り方といった既存の料理の紹介もあるが、多くは新しい料理になる。その料理の数の膨大さに思いを馳せると圧倒される気がする。それがいまだに増殖している。
 

詞華集

  • 2017.11.20 Monday
  • 05:10

◆「人生は一冊の書物に似ている。馬鹿者たちはそれはパラパラとめくっているが、賢い人間はそれを念入りに読む。なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから」−ジャン・パウル

◆「人生は学校である。そこでは幸福より不幸の方が良い教師である」

◆「年取るってのは細胞が老けることであって魂が老けることじゃない。」−矢沢永吉

◆「越えられない山は山と認識できないから、現れたら全力で登れば越えられる。」−松任谷由実「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」

◆「記憶は感情だ。」ーハリソン・フォードby「オールナイトニッポン(松任谷由実)」

竹田の竹灯篭のイベント竹楽

  • 2017.11.19 Sunday
  • 05:56

竹田の竹灯篭のイベント竹楽に行く。

 

16:30点灯で、その時間に行く。3つの駐車場の最初の市役所もかなりいっぱい。シャトルバスで会場に。5分程度。

16:30だとまだ明るいが歩きだす。点灯をさせてくれたりする。

竹筒は2万本あるそうで、それだけの竹を切り出し加工し、置くだけで気の遠くなるような作業だ。この後は別のところに持っていくそうで毎年一からつくるらしい。なかなか暗くならないので、「アートスペース&カフェ大蔵清水湯」に入り、時間つぶし。ここも銭湯を食堂にしたかわった建物でびっくりする。

 

2.6キロのあちこちに地形に合わせてこれでもかと設置している。これでもかというところが大事。あちこちで見せ場をつくりながら、けっこういろんな店が特色を出し、また出店ももうけて飽きさせないようにしている。

 

駅に戻ってきたのは18:25。

3日あるとのことで、ロウソクは短く燃え尽きるだろうから、毎日差し替えてかとするとすごい仕事量だ。もし雨だったら実行できないのでそういう年もあったのだろうかともう一度気が遠くなる。

 

 

 

 

【CD】ONE OK ROCK/Ambitions を聞く。

  • 2017.11.18 Saturday
  • 06:42

【CD】ONE OK ROCK/Ambitions を聞く。

 2017年1月の最新作。ボーカル、メロディ、演奏力どれも世界水準で、前作よりスケール感が増し、完成度も高い。どの曲も高音、高揚感で、スペーシーとも言えるスケール感のある曲が並んでいる。キレ一発のこれまでとは少し作風がかわってきた。進化してるのだが、それがいいとは一概に言いにくい。とは言え、ワンオクロックの前作との比較の話で、唯一無二のワンオクロックに変わりない。

【CD】嵐/「untitled」を聞く。

  • 2017.11.17 Friday
  • 06:13

【CD】嵐/「untitled」を聞く。

1回聞いた限りでは、シングル曲はいいのだが、アルバム曲で印象に残るのは嵐らしからぬ「カンパイソング」くらい。前作のクオリティの高さを思うと落ちている気がする。聴き込むといいのかもしれないが。

 

嵐は「夢」「愛」「未来」といったチープなテーマをそのまま歌ってもリアリティを失わない、ディズニーランドと唯ニの存在だと思うが、アレンジによってはそのままディズニーランドのパレードで掛かりそうな曲があったりする。いろんなサウンドに挑戦して、今回はコレだったということでしょうか。今回はソロ曲がないのがメリハリを欠く原因になっている。コンサートではどうするんでしょう。

何度か聞くのでそのうちよくなることを期待しましょう。

冬ドラ

  • 2017.11.16 Thursday
  • 05:32

ようやく秋ドラが落ち着いてきたかと思ったらもう話題は冬ドラに。目まぐるしい。

大きく期待できるのは少ないようだ。

 

anone(アノネ)
脚本:坂元裕二
99.9 -刑事専門弁護士- Season

シーズン兇砲覆辰燭鵑任垢諭

BG~身辺警護人~
脚本、井上由美子の木村拓哉がボディーガード扮する。
だ抄燭匹

西郷さんの話は明るい話にはならないからなぁ。

ぅ肇疋瓩寮槓(キス)
キスによってタイムリープする。

ゥ▲鵐淵船絅薀

「逃げ恥」脚本家が手がける法医学ミステリー。
 

「みんなの県民SONG!〜大分うた旅情編〜」公開収録に行く。

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 05:33

 「歌謡ポップスチャンネル」の「みんなの県民SONG!〜大分うた旅情編〜」の公開収録に行く。3.5倍の倍率で当選したもの。テツ&トモと美川憲一のミニライブ。1月に放送があるのであまり書いてはいけないのかな?

最後に美川憲一の「生きる」という曲で締める。これを聞いて涙する人がたくさんいるという話で、実際、トモは泣きじゃくっていた。ミニ「マイウェイ」みたいな曲で、そこまで感動しなかったが、「死」をダイレクトに歌っているので、身近に「死」がある人には感じるものがあるのかもしれない。

 

好きなように生きた この私だから
死の訪れなど 怖くはなかった
やり残した事も 沢山あるけれど
やる事はやった 人の倍ぐらい
生きる 生きる 今になって私は
生きることの 貴さを知った

気がつくと仲間が一人 又一人
帰らぬ旅へと 赴いて行った
天国も地獄も 私は信じない
だけど確実に 死は迫っている
生きる 生きる 今になって私は
生きることの 貴さを知った

生きている間 悔いのないように
私の仕事も 整理しておこう
ろうそくの炎が 燃え尽きるように
私の迎えも もうすぐ来るから
生きる 生きる 今になって私は
生きることの 貴さを知った

生きる 生きる 生きている間
生きる 生きる 悔いのないように

 

 

 

 

【CD】桑田佳祐/がらくた が素晴らしい。

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 05:41

【CD】桑田佳祐/がらくた を聞く。

メロディメイカーの才能が枯渇するどころか進化している。誰が聞いてもいい曲と思うんじゃないかと思う一級のメロディなんだけど単純で平易というわけではなく、曲のクオリティが高い。バラエティに富み、挑戦的である。芸術的にならず、下品も拒まず、他のジャンルのレスペクトの気持ちが素直に出ていて気持ちいい。自分の心情を素直に詞に乗せている。

桑田佳祐は別格だなと改めて感じさせるアルバムでした。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Booklog

Copied from: ブクログ -

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 川口千里のドラミングがすごい
    akiii (11/04)
  • 川口千里のドラミングがすごい
    ホンロン (11/01)
  • 【TV】ノーナレ選「ミアタリ」(NHK総合)が面白かった。
    akiii (08/26)
  • 【TV】ノーナレ選「ミアタリ」(NHK総合)が面白かった。
    ホンロン (08/25)
  • 【TV】ノーナレ「元ヤクザ うどん店はじめます」(NHK総合)を少しドキドキしながら見る。
    akiii (08/22)
  • 【TV】ノーナレ「元ヤクザ うどん店はじめます」(NHK総合)を少しドキドキしながら見る。
    ホンロン (08/22)
  • 【TV】ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜 土井善晴×宮嶋泰子 (BS朝日)が面白い。
    akiii (05/20)
  • 【TV】ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜 土井善晴×宮嶋泰子 (BS朝日)が面白い。
    ホンロン (05/17)
  • 【本】人魚の眠る家/東野 圭吾
    藍色 (04/05)
  • 子どもの卒業式
    akiii (03/18)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM