追悼 樹木希林

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 06:40

樹木希林さんが75歳で亡くなりました。

 

今年になって《海よりもまだ深く》《あん》と見たが彼女の演技に圧倒された。彼女なしには映画自体が存在しない作品だった。
善良な役も悪女もともにできてしまう。

 

樹木希林というと、ワタシたち世代には「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー」「ムー一族」でいわゆるお茶の間に人気ものだった。昔は悠木千帆だった。

 

コントのセンスが抜群で堺正章、浅田美代子、西城秀樹、郷ひろみ、岸本加世子などとの掛け合いが面白く、毎週楽しみに見ていた。

「水曜劇場 時間ですよ」は浜さんという役だった。銭湯の雑用係で毎週、女性週刊誌を買い、芸能人のスキャンダルだけが楽しみという落ちこぼれのおばさんで、時に意地悪や嫉妬や差別の毒を吐き嫌われる。いかにもいそうな血が通ったキャラクターで共感を覚えていた。浜さんって今でも心の中に住んでるんじゃないかと思うときがある。

 

がんが発見されて「全身がん」ですと発表しても涼しい顔で活躍していて、がんをも克服できる人なんじゃないかと思っていたので、がん患者にとっては希望の星だったのではないかと思うが、75歳はやはり若いですね。

 

以前、「クローズアップ現代「がんを“生き切る”〜残された時間 どう選択〜」」の中で、平気で全身ガンなどと言っているけど、落ち込むことはあって、『その時にはムリに笑うことにしている。昔の井戸のように最初は空気しかあがってこないけどそのうち水が出てくるように元気が出てくる。』と言っていた。やはりそこまでしないと元気もでないわけだと思った。

 

圧倒的な演技力と、トーク番組での含蓄のある話、名前をオークションに出したり、内田裕也との結婚、離婚の繰り返すなどのパフォーマンスとスーパーウーマンの存在感がありつつ最下層の庶民性も併せ持った女性でした。

 

ご冥福をお祈りします。

【漫画生活】宇宙兄弟 を読む

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 06:35

最近読んだマンガは

「宇宙兄弟〜㉕小山宙哉」の16冊。

子どもが「宇宙兄弟」を全巻読みたいというのでGEOで順次借りてきては、一緒に読んでいる。全部で今のところ33巻あって、後一息だ。

GEOはマンガを借りるたびに「5冊で200円クーポン」がつくのでこうして続けて読むときにはとても便利だ。1週間で5冊ペースで読んでいける。

 

 

「亀渕昭信のお宝ポップス」も聞くことにしよう

  • 2018.09.15 Saturday
  • 22:05

退職してラジオを聴く機会が増えた。
今は
「吉田拓郎のラジオでナイト」
「武田鉄矢の朝の三枚おろし」
「久米宏ラジオなんですけど」
「谷村新司のcafeダンディズム」
「要のある音楽」
「渋谷陽一のワールドロックナウ」
「Yuming Chord」
また月に一度の松任谷由実と古舘伊知郎「オールナイトニッポン・ゴールド」も聞いている。


いずれも録音してウォークマンで聞いている。以前は音楽をウォークマンで聞いていたが、退職したら、音楽を歌詞カードを見ながら向かい合って聞きたいという願望があってそうしている。それにかわってラジオ番組をウォークマンに入れて聞いている。
 
先日、「亀渕昭信のお宝POPS」を聞いたら
ベイビー・カム・バック/プレイヤー 
キープ・オン・セイリング/イアン・マシューズ
遠い初恋/オリエント・エクスプレズ
ベイビー・カム・バック/イコールズ
がかかっていた。
最後の2曲なんて久しぶりに聞いて懐かしくてしょうがない。ワタシが聞かなくて誰が聞くと思って、これも加えた。
 

[松任谷由実/ユーミンからの、恋のうた。]を聞く

  • 2018.09.14 Friday
  • 17:59

最近聞いたCDは、
・JUJU BIG BAND JAZZ LIVE "So Delicious, So Good"         ★★★★
・松任谷由実/ユーミンからの、恋のうた。 [Disc 1][Disc 2][Disc 3]  ★★★★
・Ed Sheeran/÷ [Deluxe]                      ★★★★
・ONE OK ROCK/残響リファレンス                     ★★★★
テレビでは
・サザンオールスターズ「海のOh, Yeah!!」スペシャル(WOWOW)
を見る。

 

・[松任谷由実/ユーミンからの、恋のうた。]は、『松任谷由実 45周年記念ベストアルバム「日本の恋と、ユーミンと。」には収録されていない、ユーミンが“いま聴いてほしい”と選んだ45曲。
<DISC1 Pure Eyes 純粋さを、捨てない。><DISC2 Urban Cowgirl “私”で、生きてゆく。><DISC3 Mystic Journey 旅を、やめない。>のテーマでディスクごとに構成されている。』


この曲がベストアルバムに入っていなかったのかという曲もあれば、サビなど部分的に聞いたことがある曲、また、アルバムの中の埋没していて全く覚えていない曲がある。

 

アルバムによっては、好きな曲をピックアップして聞いていた程度なので意外と知らない曲が多かった。とてもファンとは言えないな。ユーミンにしてもそうしたちょっとマイナーな曲で日の目を当てたいという思いがあったのではないかと思う。吉田拓郎が[FROM T]というアルバムを出しているが同様のコンセプトを感じる。


再発見した曲は「心ほどいて」
♪そしてヴェールをあげて/彼と向かい合うとき/あなたが遅れて席につくのがわかった/密やかなぬくもりも燃えつきたあの約束も/カテドラルから高い窓から空へ逃がすの
結婚式でヴェールがあげられて、目の前にいる彼よりも後ろの席にいる元カレに思いがいく。映像的な歌詞でうまいなぁと思う。

 

スニーキー・ピート シーズン2(アマゾンビデオ)が面白い。

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 06:49

最近見た海外ドラマ
・スニーキー・ピート シーズン2А銑(アマゾンビデオ)完結
・トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン 銑 (アマゾンビデオ)    
・ザ・テラー 極北の恐怖シーズン1 銑(アマゾンビデオ)    
・レジデント 型破りな天才研修医(fox)    

・ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 シーズン1Α銑(hulu)
・韓流時代劇 宮廷女官チャングムの誓いぁ淵▲泪哨鵐咼妊)    
・スパイ大作戦シーズン2(BSジャパン)  

 

「スニーキー・ピート シーズン2」は詐欺師の話。1100万ドルがカジノに陳列されたバッファローの剥製の中にある。どうやって盗むか。「華麗なるペテン師たち」や「スパイ大作戦」を連想するグループ詐欺で挑むが、それから話には二転三転どころか四転五転くらいする。シナリオ陣絶好調で気持ちいいですね。
主役のジョヴァンニ・リビシは人相の悪い小男で普通だと主役はやらないだろうという雰囲気がリアリティを増していていい。評判もよくてシーズン3があるので期待できる。
 

「連続ドラマW 黒書院の六兵衛」(WOWOW) 6話完結を見る。

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 05:40

「連続ドラマW 黒書院の六兵衛」(WOWOW) 6話完結をを見終る。
『慶応4年、幕府と新政府の談判が成り、江戸城は不戦開城と決した。官軍側についた尾張藩の気弱な下級藩士・加倉井隼人(上地雄輔)は、城の引き渡しを支障なく進めるための先遣として、城内に検分に入る。
しかし、困ったことにただひとり、てこでも動かぬ旗本がいた。彼の名は的矢六兵衛(吉川晃司)。将軍直属の警護隊・御書院番の番士だった。六兵衛は黙って正座したままで、動くのはほぼ用を足すときだけ。
勝海舟(寺島進)と西郷隆盛(竹内力)の約束により、近々に御所となる予定の城内での悶着は厳禁。つまり、力ずくでは六兵衛を退去させられない。居座りの意図を探る加倉井は、この六兵衛は本物ではなく六兵衛の名をかたる偽者だと知り、ますます混乱する。
だが、しばらく時を過ごすうちに、古式ゆかしい貫禄でたたずむ六兵衛に対し、加倉井の胸裏には得体の知れぬ共感が湧いてくる。果たして六兵衛の居座りの理由とは。その正体とは。』

明け渡した江戸城に吉川晃司は言葉を発せす座ってるだけ。セリフもなければ動きもほとんどない。それでいて武士の風格を出さなくてはいけない。こんな難役によくもミュージシャンを抜擢したものだと思う。しかもそれが成功している。ちょっと他の人を思いつかないくいらはまっている。表情と立ち居振る舞いだけで6回をもたせたのがスゴイ。
座り続けた理由は武士の挟持ということになるのだろう。天皇の「しかと」の言葉だけで城を去る。「しかと、本当の武士を見届けた」という「しかと」なんだろう。


ちょうど山田太一の変節についてのエッセイを読んだところだ。明治維新と太平洋戦争の後、日本人は大きく価値観を変えた。身も蓋もない変わり方だ。その変節を拒否した男の話ということになる。
原作浅田次郎の着想が素晴らしいのだが、ドラマとしては吉川晃司の存在感以外は不自然さが残った。最終回はこれまでのダイジェストをえんえんと流したりイマイチだった。WOWOWのドラマしてはよくできていたというところ。

詞華集

  • 2018.09.08 Saturday
  • 05:05

◆「生きることにこつというものがあるとするなら、それはやっぱり全面的には深刻にならないことよね。もちろん生きてるからにはどこかで深刻さを引き受けなきゃならないことはたしかだけど、でも、それはある部分だけにしておいたほうがいいと思うのよ」−in「すべて真夜中の恋人たち/川上未映子」

 

◆「毎日の人知れぬ苦労や淋しみも無く ただ楽しいことばかりだったら 愛なんて知らずに済んだのにな}−「花束を君に/宇多田ヒカル」

 

◆「何がしあわせかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら峠の上りも下りもみんな本当の幸せに近づく一足づつですから」− 「銀河鉄道の夜/宮沢賢治」

 

◆「君たちアメリカ人は人道的になる。人を裁くときには。」-in「HOMELAND/ホームランドシーズン5」

 

◆「僕はみんなのために音楽をつくるんだ。誰にでも、馬鹿にでもわかる音楽をつくりたい。そうすれば、誰ももう馬鹿ではなくなるから」-スライ・ストーンby村上春樹「村上RADIO」

「竜宮城と七夕さま/浅田 次郎」を読む。

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 05:55

最近読んだ本は、

・竜宮城と七夕さま/浅田 次郎 ★★★★
・シャイロックの子供たち/池井戸潤 ★★★★
・月日の残像/山田太一 ★★★★
・古い洋画と新しい邦画と/小林 信彦 ★★★☆

 

「竜宮城と七夕さま/浅田 次郎」はエッセイで、さすが浅田次郎、硬軟交えた蘊蓄のある話が面白い。

中で、昔は虚無僧が家の前でお金をもらうまで尺八を吹いていたという話が印象的。ネットで調べると30年代初頭とあるので28年生まれのワタシにはあるかないかのほんのかすかな記憶だ。小さかったのでそれが、ゆすりたかりの類だったとは知らなかった。

もう一つ、浅田次郎さんは、朝、
『目覚めたとたんに、一日に一度だけ腹筋を活躍させて身を起こし、「よおっし!」と気合を入れて行動を開始する。いったい何が「よおっし!」なのかはわからぬのであるが、ともかく毎日がその一声で始まるのである。』のだそうだ。

浅田次郎さんはワタシより2つ年上。しかし、この本が出されたのが2年前なので、このエッセイが書かれたのはワタシと同じくらいである。なんと元気なんだろうと思う。
ワタシの寝起きはどっこいしょ、やれやれとジワジワと起き上がる。
浅田次郎方式で起き上がれば前のめりで充実した一日は約束されたようなものだ。浅田次郎さんに負けじと朝は心の中で「よおっし!」と叫んでみようと思うが、体というのか気力がついてこない。
しばらくは毎朝浅田次郎さんを思い出すことだろう。

お気に入り川柳(無断転載)

  • 2018.09.03 Monday
  • 22:25

◆応援に行ってライトの守備につく

 

◆重要なお知らせですとある値上げ

 

◆ウルトラマン夏服あればいいのにね

 

◆父さんは行かないよねと誘われる

 

◆物置はわが家の昭和記念館

 

◆大谷の球を大谷打てるかな

 

◆洟をかみたいのにずっと青信号

 

◆あと五分眠るの恐い新幹線

 

◆ビキニ着てバレーボールをやる理由

 

◆口癖が「良しとするか」になってきた
 

【ラジオ】村上RADIO を聴く。

  • 2018.09.03 Monday
  • 06:30

村上春樹が初めてDJを担当した【ラジオ】村上RADIO を聴く。

『僕はジョギングするときにいつもiPodで音楽を聴いていますが、一台に1000〜2000曲入っていて、それを7台ぐらい持ってます。今日はそのラインナップの中から、何曲かお聴かせしたいと思います。』

曲途中にMCを入れて、話し終えるとサッと次の曲にかわるといった展開が早い構成でかなり作り込んだ作品のような進行だ。聴き応えがある。

 

クラシックやジャズのディープなところの番組もできるのだろうが、走りながら聴くのに適した曲というコンセプトにしているのが成功している。それでもこれだけ自由に深く話ができるわけです。曲紹介も丁寧にそして作家の師は音楽であるとか、執筆には体力が勝負であるといった話やお便りに答えるという形などバラエティに富んでいる。

 

村上春樹の声はニュースでたまにメッセージを読み上げる時くらいしか聞いていない。本職に比べると滑舌が少し悪く、そう魅力的な声というわけではないが、1時間聞いてると味が出てくる。

ラストの「Light My Fire / Zacharias」が一番印象深い。

 

『村上RADIO』プレイリスト

Madison Time / Donald Fagen

Heigh-Ho / Whistle While You Work / Yo Ho / Brian Wilson

Surfin’ U.S.A. / The Beach Boys

D.B.Blues / King Pleasure

Sky Pilot / Eric Burdon And The Animals

My Way / Aretha Franklin

What A Wonderful World / Joey Ramone

Between the Devil and the Deep Blue Sea / George Harrison

Knockin’ on Heaven’s Door / Ben Sidran

Love Train / Daryl Hall & John Oates

Wouldn’t It Be Nice / The Beach Boys

Light My Fire / Zacharias

 

村上RADIO - TOKYO FM 80.0MHz - 村上春樹 https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Booklog

Copied from: ブクログ -

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM