詞華集

  • 2017.06.27 Tuesday
  • 23:18

◆「やっぱりドラマって僕は人の心を洗うものだと思うんですよね。」−倉本聰in「プロフェッショナル仕事の流儀」

◆「我々が書斎の窓からのぞいたり、ほお杖ついて考えたりするよりも、人生というものは、もっと広い、深い、もっと複雑で、そしてもっと融通のきくものである。」− 石川啄木

◆「ただ生活をしているだけで哀しみはそこここに積もる。陽に干したシーツにも洗面所の歯ブラシにも携帯電話の履歴にも」−in《秒速5センチメートル》

◆「本当のリアリティっていうのは、リアリティを超えたものなんです。事実をリアルに書いただけでは、本当のリアリティにはならない。もう一段差し込みのあるリアリティにしなくちゃいけない。それがフィクションです。」−村上春樹in「みみずくは黄昏に旅立つ」

◆「優れたパーカッショニストは、一番大事な音は叩かない。」−村上春樹in「みみずくは黄昏に旅立つ」

詞華集

  • 2017.05.02 Tuesday
  • 23:47

◆「僕は、これまで"役をつくる"ってことはしたことがないんです。演じることはどちらかというと、"役を感じる"っていうほうが近い。」−國村隼in「週刊朝日」

◆「人生3万日しかない。」
※365で割ると82歳。

◆「男は家を一歩出ると七人の敵がいるが、家に帰ると七人を合わせたより手強い敵が一人いる。」-土屋賢二「ツチヤの口車」

◆「行ったこともないし存在するかも分からない場所に、本を読むことで連れていかれる感覚が好きなんです。」-DAOKO in「ダ・ヴィンチ」2017年5月号

◆「「良い面を見るようにしろよ」と帰り際に雨田は言った。「つまらん忠告かもしれないが、どうせ同じ通りを歩くのなら、日当たりの良い側を歩いた方がいいじゃないか。」」-in「騎士団長殺し(上)/村上春樹」

詞華集

  • 2017.03.07 Tuesday
  • 23:03

◆「音楽が聞こえない者たちには踊っている者たちが愚かに見える」−ニーチェby「ZOO」

◆「起こることみなよし」−小川洋子座右の銘

◆「進むべき道を決めたら、あとは最大限の努力をして可能性を信じるしかない。でもね、実はそれが一番苦しいんですよ。保証のないものを信じるってことが」−in「陸王/池井戸潤」

◆「何人にもせよ、まったく突如として、人は生きているのである。」 −ショーペンハウエル

◆「上、三年にして下を知り 下、三日にして上を知る」−作者不明

※部下は上司を三日もあれば見抜いてしまうものだが、上司が部下を知るのに三年掛かってしまう。

詞華集

  • 2017.01.14 Saturday
  • 08:31

◆「凧は凧糸があるから遠くに飛べないと一見思うけど、あの凧糸がなかったら実は凧は飛んでないんだよ。」−伊丹十三in「三谷幸喜創作を語る」

◆「お前は、たった今、10年先の未来から過去をやり直すために戻ってきたんだ。だから今から頑張れ。」

◆「何かをしたい者は手段を見つけ、何もしたくない者は言い訳を見つける」

◆生きているということは 作詞:永六輔 作曲:中村八大

生きているということは 誰かに借りをつくること
生きていくということは その借りを返していくこと
誰かに借りたら 誰かに返そう
誰かにそうしてもらったように 誰かにそうしてあげよう

生きていくということは 誰かと手をつなぐこと
つないだ手の温もりを 忘れないでいること
めぐり逢い愛しあい やがて別れの日
その時に悔やまないように 今日を明日を生きよう

人は一人では生きてゆけない
誰も一人では歩いてゆけない

◆「作者は小説の奴隷である。」−宮原昭夫in「SWITCHインタビュー 達人達(たち)「村田沙耶香×Chara」」  (NHKEテレ)

詞華集

  • 2016.09.30 Friday
  • 06:18

◆「私は盲目を悪い部分と考えていない。むしろ、それは人生の本質みたいなものと考えている。考え方、使い方で人生を良くも悪くもする。」−スティーヴィー・ワンダー

◆「あぁ怖い怖い!老いて病んで小学生の頃の楽しさを越えられへんまま死ぬのが怖い!」−in「セトウツミ〆仝杵堕徒蕁

◆「人前ではいつもにっこりするよう心がけるだけでも、けっこう役に立つ。微笑みかけられた相手が幸福になり、その幸福がブーメランのように、こちらへはね返ってくるからだ。相手の気分がよくなれば、こちらの気分もよくなり、間もなく笑顔が本物になる。」−デール・カーネギー

◆「徳は孤ならず必ず隣あり」-「論語」in「ホジュン〜宮廷医官への道〜#23「科挙当日」」 
※徳のある者は孤立することがなく、理解し助力する人が必ず現れる。

◆「幸福になる必要なんかありはしないと、自分を説き伏せることに成功したあの日から、幸福がぼくのなかに棲みはじめた。」−アンドレ・ジイド

詞華集

  • 2016.09.03 Saturday
  • 07:25

◆「道を知っていることと実際に歩くことは違う。」

◆「人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ。」−ロバート・フロスト

◆「モチベーションに頼るのは堕落の始まりだから、やるべき事をこなす機械になれ」

◆「男というものはいつでもそうだが、我が家から離れている時が一番陽気なものだ。」−シェークスピア

◆「人間だれしも、おのれおのれの荷物を背負うとりますでな。重いからというて中途で投げ出すわけにはいかねえでがす。」−宮本研

詞華集

  • 2016.07.12 Tuesday
  • 06:30

◆「いやなことを先延ばしにすると重荷になる。」−ダビッド・J・シュワルツ

◆「女性は澄んだ鏡のようなもので、わずかに息を吹きかけただけでも曇る。」 −ヒッペル

◆「愛されているという驚きほど、神秘的な驚きはない。 それは人間の肩に置かれた神の指だ。」−byチャールズ・モーガン

◆「なにかのはめで道徳論を書かざるをえないことになれば、わたしは義務の第一位に上きげんをもってくるに違いない」−アラン「人生論集」by「夕暮れの時間に/山田太一」

◆「弱った子供のことを大人と言う。立ち止まってしまうとか振り向いてしまうとか。」−リリー・フランキーin「Covers」

詞華集

  • 2016.05.19 Thursday
  • 22:31
◆「独身者とは妻を見つけないことに成功した男である。」

◆「夢を追いかけている自分、追いかけるときに力がついてくる事実の方が、夢を手に入れたかどうかよりももっと素敵なことなんじゃないの。」−桃井かおり

◆「希望とは、もともとあるものともいえぬし、ないものともいえない。それは地上の道のようなものである。もともと地上には道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。」−魯迅

◆「時間がもったいないと思って、楽しめないのは時間がもったいない。」

◆「いつも喜んでいなさい」-in「聖書」

詞華集

  • 2016.04.15 Friday
  • 05:27
◆「大切なのはなにが与えられているかではなく与えられているものをどう使うかだ。」−アドラby「100分de名著 アドラー人生の意味の心理学」

◆「地獄極楽はあの世ばかりにあるのではなく、自分の心の中にもあるのです。同じ問題でも、見方、考え方を変えてみるだけで地獄にも極楽にでもすることができるからです。」−美輪明宏

◆「貧乏とは、多くのものを必要だと思ってしまう心のことです。無限にモノをほしがってしまう欲こそが「貧しい」ということなのです。」−ホセ・ムヒカ

◆「人生でもっとも重要なことは、勝つことではありません。歩き続けることです。それはつまり、転んでも毎回起き上がること、新たに何かを始める勇気を持つということ、何かに打ち負かされたときにまた立ち上がるということです。」−ホセ・ムヒカ

◆「他人に勝つために戦うのはやめてください。そうではなくて、自分自身の心の中にあるもののために戦うのです。」−ホセ・ムヒカ

詞華集

  • 2016.03.18 Friday
  • 05:48
◆「夢って大変なものなんだよ。面倒くさいし鬱陶しいし、捨てようとしても捨てられない。糸のように絡んで取れなくなる。自分の夢に潰される人間だっている。」−in「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

◆「恋人には二種類あるんだよ。好きでつきあってる人達と別れ方が分からなくてつきあってる人達。」−in「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

◆「人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生はきわめてシンプルである。」−アドラーby「100分de名著」

◆「自分は自分一人で自分なのではない。」-in《ボクは坊さん》

◆「思考はそれ自体が目的である。」−in「相棒 season 14」
 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Booklog

Copied from: ブクログ -

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM