《オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分》が面白い。

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 06:09

最近見た映画

・オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分   ★★★★☆
・きみはいい子              ★★★★
・ヒトラーの忘れもの            ★★★★
・96時間                 ★★★★
・緋牡丹博徒 鉄火場列伝          ★★★★
・ダイアリー・オブ・ザ・デッド      ★★★★
・BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント★★★★
・オリエント急行殺人事件(2017)      ★★★★
・暴力金脈                 ★★★☆

ワン・シチュエーションの映画が好きだが、《オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分》はその究極ですね。
登場人物は一人。愛人の赤ちゃんの出産に立ち会うべく車の運転をしている。その間の86分間に次々かかってくる電話だけで話が進む。たいがい他の車と何かのトラブルに巻き込まれるという話を入れたがるがそれもしない。脚本がんばりました。

《きみはいい子》は《そこのみにて光輝く》でキネ旬1位をとった呉美保監督の作品。教育、育児問題をリアルな描写で描く。会話、子どもの演技の付け方がうまいなぁ。呉美保監督の名前も覚えておかなくては。

《ヒトラーの忘れもの》は第二次大戦後、ナチがデンマークに埋めた地雷を撤去するドイツ少年兵の話。その数200万個というのが驚き。約半数は命を落としたのだそうだ。《ヒトラーの忘れもの》というタイトルはあんまりだと思う。

【映画】アポカリプト が面白い。

  • 2018.09.29 Saturday
  • 20:05

最近見た映画

・アポカリプト
   ★★★★☆ アクション/米/2006年
・フライト・ゲーム
   ★★★★ パニック アクション/米/2014年
・遊星からの物体X ファーストコンタクト
   ★★★★ SFホラー/米/2011年
・ラスト・ソルジャー
   ★★★★ アクション/中国 香港/2010年
・ハッピーアワー
   ★★★★ ドラマ/日本/2015年
・クリーピー 偽りの隣人
   ★★★☆サスペンス・ミステリー /日本/2016年
・アデライン、100年目の恋 
   ★★★ファンタジーラブロマンス/米/2015年
・最愛の子
   ★★★ ドラマ/中国 香港/2014年
・PUSH 光と闇の能力者
   ★★★SF/米/2009年
・アメリカン・ハッスル
   ★★★ サスベンス・ミステリ/米/2013年
・心が叫びたがってるんだ。(2015)
   ★★ アニメーション / ドラマ/日本/2015年

ごくまれに、「なんて面白いんだ(How interesting!!)」と思いながら映画を見てることがある。《アポカリプト》がそうだった。マヤ文明の部族同士の闘いで、後半は主人公が森の中をひたすら逃げる話になる。滝や崖が出てきて、飛び降りて終わりというのはよくあるパターンだが、ここでは敵も滝を飛び降りてどこまでも追っかけてくる。

《フライト・ゲーム》は飛行機内での殺人事件を扱っている。原則カメラは飛行機を出ない。こういう局所限定ものは好きだ。

《遊星からの物体X》はワタシたち世代には忘れがたいホラーで、その前日談を描いた《遊星からの物体X ファーストコンタクト》も期待して見た。期待を裏切らない出来でうまくつながってる。これも局所限定ものだ。

《ハッピーアワー》は5時間17分の長い映画。しかも、出てくるのはほぼ素人。なんと大胆な企画でしょう。見る方もタイヘンだけど。

映画生活8月

  • 2018.09.02 Sunday
  • 07:46

8月に見た映画は23本。
・M:i−III     ★★★★★
・ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い    ★★★★☆
・バーフバリ 伝説誕生    ★★★★☆
・キャプテン・フィリップス    ★★★★☆
・ミッション:インポッシブル/フォールアウト    ★★★★☆
・ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル    ★★★★☆
・バーフバリ 王の凱旋    ★★★★
・ヒメアノ〜ル    ★★★★
・ヘイトフル・エイト    ★★★★
・恋人たち    ★★★★
・第9地区    ★★★★
・インサイド・ヘッド    ★★★★
・ミッション:インポッシブル    ★★★★
・映画 ビリギャル    ★★★☆
・M:i−2    ★★★☆
・ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション    ★★★☆
・冷たい熱帯魚    ★★★☆
・天地明察    ★★★
・フライボーイズ    ★★★
・ドリーム    ★★★
・ブレードランナー 2049    ★★
・それでも夜は明ける    ★★
・超高速!参勤交代    ★★

ミッション・インポッシブルシリーズを見返そうと思って連続して見た。《M:i−III》がやはりスゴイと思ったら、興行的には最悪だったというのがびっくりでした。それで製作者も方向転換していることが分かる。

客観的にいい映画、悪い映画というものはあるように思うが、それはキチンとした批評眼を持っている人で、一般的には自分に合う合わないだけのことではないかと改めて思った。なので《超高速!参勤交代》がつまらない映画というわけではなくて自分に合わなかったというだけのこと。

それにしても《バーフバリ》シリーズと、《ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い》はオススメです。

 

《ミッション・インポッシブル》イッキ見

  • 2018.08.25 Saturday
  • 22:39

アマゾンビデオのラインナップに《ミッション・インポッシブル》の5作品がズラッとならんでいて、どれも見ているがもう一度見てみようと思い立ち一気に見てしまう。

最初若造だったトム・クルーズがスターのオーラ全開となりやがて演技に深みが出てくる。しかし年を重ねても少年のようなキラキラした目は変わらない。スターだなぁと思う。

今月号の「スクリーン」に「トム・クルーズ主演作全米ヒットTOP10」というのがあって、《ミッションインポッシブル》関係を見ると
2位 M:I-2 2億1540万ドル
3位ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
4位ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
5位ミッション:インポッシブル
次点M:i−III 1億3402万ドル
となっている。

ワタシは次点で一番ヒットしなかった《M:i−III》が一番面白いと思ったのだが、どうも一般の観客とはずれているようだ。脳内にカプセルの形の爆弾を埋め込まれてするハードな内容で、その次の《ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル》ではかなりソフトになっていた。続けて見ると何らかの反省があって方向転換を図ったように感じたのだが、上のランキングを見ると次点から3位に浮上しているのでやっぱりと思う。アクション映画だからといってあまりラディカルな作りは好まれないのだ。

ところでこうしてランキング見るとトム・クルーズにとっても《ミッション・インポッシブル》が彼の代表作になっていることが分かる。評判の良かった新しい《ミッション:インポッシブル/フォールアウト》はどの位置につけるのだろうか。

【映画】ジュラシック・ワールド/炎の王国 が面白かった。

  • 2018.07.13 Friday
  • 05:03

【映画】ジュラシック・ワールド/炎の王国 に行く。ジュラシック・ワールドシリーズとしては3作が予定され、その2作目にあたる。ジュラシック・パークも入れると5作目になる。

 

“ジュラシック・ワールド”の島で、火山大噴火の予兆が検出され、恐竜が絶滅危惧種となれば救出する必要があるが、検討の結果却下。恐竜は民間の企業の力で、新しい地に移動させることになる。

 

おかしな点をあげればいろいろあるけどポップコーンほうばりながら映画の世界を楽しむある種のお祭りみたいな映画だと思う。最近の映画のCGの力はスゴイけど、精密なアニメを見てる気分のところがあるが、このシリーズは恐竜の描写にエネルギーが集約されているのでリアリティが増す。CGと実写の境目が全く分からず本当にこういう恐竜がいるとしか思えない。

 

ポップコーンMを買って、全部食べてしまった。普通は残して持って帰るのに初めてのことだ。ポップコーンは食べると音がするので静かなシーンだと食べにくい。この映画はほとんど場面でバリバリ・ガオガオ言っていたのでポップコーンの手を止める必要がなかった。いい映画だ。

 

【映画】マネーボール が面白い。

  • 2018.07.11 Wednesday
  • 05:12

【映画】マネーボール を見る。

オークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー(GM)、ビリー・ビーンが経営危機に瀕した球団を再建する話。

データ野球ということが言われるが、その先駆けとなった実話の映画化。コンピュータが示す答えは最盛期を過ぎた選手など人の目からは問題のあるプレイヤーを雇えといったもので、経営陣、監督、選手、マスコミ、ファン誰からも支持されない。コンピューターが野球をするのではないと言われてしまう。それを強引に押し切る主人公。人気選手をトレードに出し、ポンコツ選手を雇う。結果が出なければクビだろう。しかしシステムを信じた以上信じ切るべきとあくまでも強気の主人公。

 

それが最下位から前人未到の20連勝をもたらす。フィクションなら、ご都合主義の一言だがこれが現実だから何も言えない。事実は小説より奇なりで、実話がベースにあると荒唐無稽な話にできるのでかえって強い。当時のニュースフィルムを交えた映像づくりという珍しいスタイル。ここまで実話に沿った映画も珍しい。

 

キネ旬ベストテン2011 6位 

タランティーノベテステン2011 3位

【映画】ドント・ブリーズ が面白い。

  • 2018.06.13 Wednesday
  • 04:34

【映画】ドント・ブリーズ を見る。

若者三人が一人暮らしの盲目の老人の家に泥棒に入る話。楽勝のはずがとんでもないことになる。ワン・シチュエーション・スリラーとでも言うのでしょうか、ほとんど一軒の家の中なので予算もそうかかっておらず、シナリオの力だけで見せていく。

 

限られた条件の中で、わたしだったらどういう設定があるかと想像しながら見ていたのだが、その予想を軽く超えながらドラマは進んでいて感心する。オードリー・ヘップバーンに《暗くなるまで待って》という映画があったが、あちらは視覚障害者が被害者だったが、こちらは加害者になる。

 

タイトルの「ドント・ブリーズ」 息をするな というのは、老人にいることがばれてしまうということもあるが、一難去ってまた一難の目まぐるしい展開に、観客が息もできないほどというニュアンスがあるのかもしれません。息をもつかせぬ とはまさにこのこと。

 

こういうよくできたB級映画は大好きですね。

 

体験的アトラクション映画

  • 2018.05.14 Monday
  • 05:10

【映画】ランペイジ 巨獣大乱闘 の試写会のチケットが当たったので見に行く。

ゴリラとワニと狼が巨大化して暴れまくるという話。小さいスクリーンだったけど音響の質と音量が凄まじい。CGの技術もそうだけど、音響技術もかなり進んできてるんだと思う。隣の人が3回くらいピクッとしていた。

 

何かのゲームにインスパイアされたと最後のクレジットに出ていたが、ドラマ部分はずいぶんご都合主義。主人公はピストルで撃たれたのだけど、タフで普通に走ってる。巨獣は自然治癒力がすごいという設定だが、ドウェイン・ジョンソンも巨獣なのかもしれない。善悪の設定がシンプルでいかにもB級映画のノリ。ストーリーはどうでもいいわけで、巨獣の大暴れを見せたいだけ。その部分のCGのクオリティはずいぶん高い。テーマパークのアトラクションにも一応ストーリーがあるのに近い。体験的アトラクション映画として楽しめる。3回くらいピクッとするところにこの映画の価値がある。

 

とすると、DVDなどで見るとずいぶんつまらない作品に見えるかもれしない。

映画館上映とDVDとの差別化と見るか、こんなにCG頼りにしていると映画が廃れると見るのか。個人的にはツッコミどころ満載のこういう映画好きですね。

【映画】アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーに行く。

  • 2018.05.10 Thursday
  • 05:23

【映画】アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー を見に行く。退職したら映画館にどんどん行くぞと思っていたが、思ったより用事が多くなかなか行けず、ようやく一本目。

 

『全世界興行収入が公開11日目で10億ドル(約1,100億円)を突破し、《スター・ウォーズ/フォースの覚醒》を抜いて史上最速記録を更新した。』。日本でも『公開から4日間で動員83万6,000人、興収が12億6,000万円を超える大ヒットとなっている。』『衝撃のラストに驚愕する観客が続出しており、早くも次回作への期待が高まっている。』とのこと。このシリーズでは3作目となる。このシリーズの驀進が続きそうだ。

 

アトラクション映画ということが最近また言われるようになり、これもその典型。昔風にいうと見世物的映画。こういう映画は映画館で見たほうがいいので足を運ぶことになる。

 

これからだと来月が、《ハン・ソロスターウォーズストーリー》、7月が《ジュラシックワールド炎の王国》、8月は《ミッション:インポッシブル/フォールアウト》と続く。ずいぶんミーハーですが。

 

《グイテスト・ショーマン》を見る。

  • 2018.02.24 Saturday
  • 05:35

《グイテスト・ショーマン》の評判がいいので映画館に行く。

ミュージカルはなるべく映画館で見るようにしている。

 

ミュージカルには2種類あって、一つは舞台もので、歌と踊りがステージのショーとして演じられるタイプ。これは、ミュージカルと思っていない。音楽映画だ。もう一つは日常生活で急に歌い出す。これが正しいミュージカルだ。難しい仕事の問題も恋愛のトラブルも歌い出すとたちどころに解決してしまうというのがミュージカルの醍醐味だ。歌が現実の諸問題を解決するくらい力があるというのが楽しいのだ。

ついでに、心の中の思いを歌にするタイプのものもあって、これは言わば頭の中のことを映像化しているだけで、ソロの演技にもなるしミュージカルとしては不完全燃焼気味となる。

この映画は予告編など見ると前者のような気がしていて、そういうところもあるが、基本は後者のミュージカルになっていた。

ドラマとしてはご都合主義が目立つのだが、不自然であればあるほどミュージカルマジックが輝くのでそれで良いのだ。

 

歌がどれも素晴らしく、リズムを強調した曲が多いような気がした。ノリやすい。サントラ盤も是非聞きたくなる。

 

ただ一番の問題は、最後の見せ場となるショーが1曲だけだったこと。後2曲は欲しかったですね。《SING》のような少し個別に見せてミュージカルセロトニンをもっと放出させてもらって幸福感に包まれて劇場を出たかった。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Booklog

Copied from: ブクログ -

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM