【TV】グッとラック(TBS)

  • 2020.08.12 Wednesday
  • 06:47

◯【TV】グッとラック(TBS)

辛坊治郎が3回目の出演。ワタシは辛坊治郎ウォッチャーなので2時間、ガッツリ見た。
昼は、日曜に神戸でやっているラジオ「辛坊治郎SundayKiss」の録音を聞き、夜は、月〜木でやっている「辛坊治郎ズーム そこまで言うか! 」を聞く。朝・昼・晩辛坊治郎漬けである。
彼の出演する番組は、月〜木はニッポン放送「辛坊治郎ズーム そこまで言うか! 」
金曜日だけは番組としては何もないが、「そこまで言って委員会」の収録をしている。
土曜日は朝「ウェークアップ!ぷらす」のテレビ放送と、昼からはABCラジオ「週刊ニュース解説 辛坊治郎のズバリ&どうよ」がある。
日曜日は「そこまで言って委員会」の放送と神戸FMの「辛坊治郎SundayKiss」がある。
月〜木の「辛坊治郎ズーム そこまで言うか! 」は7月に始まったのだが、これで時間に追われることとなった。それまでは週イチで聞いていたものがエブリディ辛坊治郎である。
毎日聞いてるとさすがにネタがかぶるので、コロナの話など何回も聞くことになる。うんざりしながらも、言い方の微妙な違いが面白かったりする。
彼の魅力は、豊富な知識量と踏み込んだ話と早口なのに聞き取りやすい語り口とコミカルなところだ。
と言ってファンかと言うとそうでもない。彼は政権批判をあまりしない。特に安倍総理の悪口は言わないと決めてるような気がする。
マスクだって、善意でやってることには文句を言わないと口をつむぐ。
広島の河井議員夫婦逮捕の時も、一般的には、安倍総理の任命責任が問題になっていたが、辛坊治郎は、「なぜこんな人を自民党は出したのだろう」という言い方をする。
このため安倍総理は辛坊治郎の番組には出演する。「ウェークアップ!ぷらす」「そこまで言って委員会」に出ている。
今週の「ウェークアップ!ぷらす」に専門家会議の小林慶一郎がゲストで出ていて、終り間際に「最後ですので何か言い残してることがありますか」と振っておいて、コメントを言い始めると、一言一言にかみついたりする。もう時間がないというところで、それはズルイだろうと思う。
政権批判をしないかわりに激しく批判というより罵るのが「一部マスコミ」で、特に朝日新聞だ。
かと思うとバラエティに出て、体当たりレポートという三流芸人のようなこともする。威張ってるところがない。
自分はバックパッカーだと言い、太平洋を横断しようとして海難事故にあったことは有名だ。コメンテーターとして名を成したいというよりは、世界をあちこちしたいのではないかと思う。もう64歳なのだがどこか少年のようなところもある。
人の良さと悪さ、無謀さと慎重さ、大人と子どもが同居して、矛盾したまま生き様をさらしている感じが見ていて飽きないのだと思う。

 

◯【TV】[新]◯日曜劇場「半沢直樹」初回(TBS)
 

◯【本】猫を棄てる/村上春樹 ★★★
 

◯【映画】母と暮せば ★★★☆

 

◯【TV】第70回 NHK杯テレビ将棋トーナメント 1回戦第14局 菅井八段×渡辺五段(Eテレ)
予想外に渡辺五段の勝ち。差し回しが素晴らしい。

 

◯【TV】日曜劇場「半沢直樹」第2話(TBS)

 

【TV】バカリズムライブ「COLOR」(WOWOW)★★★★

  • 2020.07.27 Monday
  • 05:23

 

●先日の不良品テーブルのことでメーカーから電話がある。取替OK。新品を送るので、その業者に渡してくれとのこと。なるほど。良心的でよかった。

 

◯【映画】オールド・ガード(Netflixオリジナル映画) ★★★★

◯【TV】第70回 NHK杯テレビ将棋トーナメント 1回戦第10局(Eテレ)

 

◯【TV】バカリズムライブ「COLOR」(WOWOW)★★★★
普通に鬼が存在して人間と共存していたらの「赤い告白」、決めつけをあばいてく偏見仮面の「青い偏見」、野球そのものが語る「白く愚痴」、女装が趣味の夫の告白の「黄昏の衝撃」、悪の帝国の主と正義の味方のトーク「黒の理由」

バカリズムの発想の変幻自在さ、表現の巧みさ、演技力は飛び抜けている。
【脚本・演出・出演】バカリズム  【収録日/場所】2013年8月/東京 シアターサンモール
 

【動画】立川志らく:YouTubeで落語第二席「火焔太鼓」(Youtube)

  • 2020.07.22 Wednesday
  • 22:28

 

◯【TV】第70回 NHK杯テレビ将棋トーナメント 1回戦第9局 片上七段×大橋六段(Eテレ)大橋六段勝利

 

◯【TV】やすらぎの郷#14(アマゾンピデオ)        

 

◯【動画】立川志らく:YouTubeで落語第二席「火焔太鼓」(Youtube)

◯【動画】【立川志らく】火焔太鼓 解説(Youtube)
コロナ禍でスタートした立川志らくの「Youtubeで落語」二席目。一席目が「子別れ」」で、大ネタを真っ向勝負でやっているのが特徴。さらに4,5分でその解説まで動画にしている。観客がいないので寂しいのだけど、気にしないで健闘している。

古道具屋の甚兵衛が汚い太鼓を1分で仕入れ、奥さんに怒られるが、300両で売れるという話。そんな汚い太鼓をお屋敷に持っていったら、ひどい目にあうという件で、縛られて、蚊、ヒル、蛇、カラスがやってくるとめちゃくちゃ盛ってるところが受けてる噺なんだろう。古道具屋の賞品に野口英世の手袋なんかもあって、今は江戸時代なのよとツッコミが入ったりするのも受けていそうだ。

 

◯【動画】神田伯山:畔倉重四郎#14「白石の働き」(YouTube)
 

「熟年夫婦の危機」

  • 2020.06.20 Saturday
  • 06:48

「テレビ寺子屋」の番組で、菊地幸夫さん(弁護士)が、「熟年夫婦の危機」というテーマで、「誰と一緒にいると癒やされるか」という意識調査の結果を紹介していました。

男性で、妻といると癒やされると答えた人が、30歳代で、6割で、それが、40代 7割、50代 8割、60代 9割 と上がっていき、妻に対して依存を強めていくことが分かるそうです。

これはちょっと意外でした。どんどん下がっていき、若い人のようにラブラブというわけにはいかないという話かと思ったら違うんですね。

一方、女性はと言うと、30代で6割はいっしょで、それから年代が上がるにつれ、同じか少し下がり気味とのことです。

夫は、定年で家にいるようになると、妻に近くにいてほしいと思う。妻は夫に頼らずともライフワークが構築できているとのことです。

例えば、ご近所付き合い、男性は苦手、女性は得意、お茶する友達は多い、趣味も多いといったことです。

これはよく言われてることではありますが、趣味人倶楽部の男性は多趣味で当てはまらない人が多いように感じます。弁護士さんがそう言われるのですから、全体としては、依存症の強い男性がまだまだ多いのかもしれません。

菊地幸夫さんはある人から「夫婦別室」がいいよと言われて実行したらよかったとのことです。仲が悪いわけではないのだけど、近づきすぎない、自立、尊重しあうことが大切とか。

ここで、付かず離れずがいいというヤマアラシのジレンマの話をしていました。(ご存知の方も多いと思いますのでここでは省略しますが、興味のある方は下記サイトにどうぞ。)


ウチも半夫婦別室になってますね。居間でカミサンは過ごし、ワタシは隣の洋間で過ごすことが多い。まずは見るテレビが全く違うんですね。カミサンはバラエティが好きで、ワタシはその手の番組はまず見ません。ワタシはドラマが好きですが、カミサンはあまり見ません。

けれど隣でオープンにしているので、何をしているか、何を見ているかは分かるという距離感です。

夫婦で同じ趣味を持つといいと言ったりしますが、下記サイトを読むと、夫婦関係がこじれる原因ともなるのであまりすすめないとしています。それよりは「家の中に夫婦それぞれがひとりになれる空間を作る」ほうがいいとのことです。

番組では、誰と一緒にいると癒やされるか、親世代や子ども世代にも聞いているのですが、いずれも男性は出てこないと言っていました。老人男性はどうも孤立しているようで、そのあたりが依存の原因にもなっているのでしょう。そこは少し考えないといけないですね。

※参考
◯熟年夫婦の危機 | 過去の放送 | テレビ寺子屋 | テレビ静岡 https://www.sut-tv.com/sp/show/terakoya/backnumber/post_541/

◯熟年離婚を防ぐ最大の方法は「依存しない」「干渉しない」 「夫婦だからいい」は最大の危機。 | マネーの達人 https://manetatsu.com/2018/08/141014/

◯夫婦間にみる「ヤマアラシのジレンマ」程良い距離感が円満の鍵! | 埼玉の離婚相談なら【埼玉夫婦問題カウンセリングセンター】 https://scc-m.com/blog/0106/

【海外TV】スパイ大作戦「エリート情報官の推理」(BSジャパン)が面白い。

  • 2020.06.10 Wednesday
  • 04:40

【海外TV】スパイ大作戦「エリート情報官の推理」(BSジャパン)が面白かった。

「スパイ大作戦」は後半は高校生の頃であまり見なくなり、今、改めて見ている。とはいえもう古いので今見るとちょっとご都合主義が目につく。それで流してる感じで見ていたら、突如こういう傑作が登場する。一度見た時は、意味が分からず、それでもこれが傑作であることは分ったので、もう一度見る。こういうケースは珍しい。

二重スパイにニセの情報をつかませそれが本当であると信じさせることがミッションで、真偽を確認するために派遣された男が見たものは瞬時に記憶できる切れ者でこの男との対決になる。

メンバーはいろんな役をするので、彼はすぐに大作戦を見破ってしまう。これでミッション失敗かと思ったら見破られることが前提で、ミスリードして術中に陥れるという作戦だった。そのきっかけが左利きが使ってるマッチを女性の部屋に置いていたという細かい仕掛けなのがなんとも粋。

検索すると『この作品は、シリーズの中でも、傑作中の傑作で、何度観ても、新しい発見がありますし、決して飽きることない、素晴らしい作品です。』とベタ褒めしている。宜なるかな。こうした作品が突如挟まることがドラマの面白いところ。油断しないで見ることにしましょう。

『アメリカの情報官のタウンゼントが敵のスパイと判って彼に偽情報を流したが、彼の連絡員のシンプソンが偽情報を見破り、連絡を受けた本国が調査のために、些細なことも瞬時にすべて記憶するステファンをアメリカに派遣することになった。

 IMFは ステファンに「偽情報は本物」と思わせるよう指令を受けた。

 ジム(グレイヴス)とバーニー(モリス)とウィリー(ルーパス)は、ステファンのコンタクト先の画廊の仏像の中に隠した司令書をすり替えて、ローラン(ランドー)をシンプソンだとステファンに思わせた。

 ローランはタウンゼントのマンションに忍び込んでシナモン(ベイン)が彼の女だと思わせるため写真を金庫に残し、その後ステファンに成りすましてシンプソンの店を訪ね、彼を安全な場所に移すと言ってその場を立ち去らせ、一人残ったローランがシンプソンに成りすまして、現われたステファンの応対をした。

 タウンゼントの家を調べたステファンはシナモンの調査を開始た。

 シンプソンに、タウンゼントを罠にかけるために彼の家に行って、今夜の帰国が決まったと言い、新しい連絡方法が入った空港のロッカーの鍵を渡すように言った。

 ローランは、ステファンのライターを点かない物とすり替え、自分の使いかけのブック型マッチを彼に渡した。

 シナモンが空港のロッカーに自分とタウンゼントの航空券と偽造パスポートを隠したのをステファンが突き止め、そこに現れたタウンゼントと鉢合わせになった。

 ステファンは、左利きのブック型マッチと画廊にあった絵がシナモンの部屋にあり、画廊に行って仏像をすり替えた形跡と監視カメラの録画にシナモンとバーニーとウィリーとジムを見つけたことから、タウンゼントに嫉妬したシンプソンが寝返った先のアメリカのその4人が、タウンゼントが裏切って嘘情報を報告したと見せかける工作をしたが、自分はそれを見事に見破って偽情報は本物だと信じ込んだ。』

 

 

テレビ生活:NHKスペシャル デジダルVSリアル(2)「さよならプライバシー」(NHK総合)

  • 2020.05.27 Wednesday
  • 06:16

◆テレビは再放送が増えてきました。一方でYoutubeがにぎやか。巣篭もり用にいろんなコンテンツをあがってます。
昨日は「神田伯山「中村仲蔵」in 浅草演芸ホール(2020年2月21日口演)」とONE OK ROCKの「完全在宅Dreamer」を見ました。

嵐の「リモート紙芝居」「ワクワク学校 オンライン」も見てます。Netflixはドキュメント作品も充実していて、いくつか見始めてます。

コロナ騒動で、Netflixの視聴者が1〜3月期は1500万人増えたそうです。アメリカの地上波はスポーツ中継がメインの番組で、今はそれが全滅しているからとのことです。

動画配信の存在感が増してきて、昔、民放1チャンネルをすがるように見ていた時代からすると隔世の感があります。


◆最近見たテレビでは、「NHKスペシャル デジダルVSリアル(2)「さよならプライバシー」」(NHK総合)が面白かった。

スマホのGPS情報とネットのアクセス履歴からその人物のプライバシーがどこまで分かるか実験してましたが、それだけで、住所はもとより、仕事、収入、女性関係、経済状態、健康状態まで分かってしまいます。

ネットを見てると、自分にあったCMが表示されますが、グーグルでは、その人にあったCMを流すために、アクセス履歴などから700項目のチェック分類をしてるそうです。

中国はさらにすさまじく、香港のデモの主要参加者は、スマホ、カードの使用をやめ無線で連絡をとりあっていますが、それでもばれて警察から急襲されていました。

「ETV特集▽緊急対談 パンデミックが変える世界ユヴァル・ノア・ハラリとの60分」(ETV)でも監視システムの話をとりあげていました。

『今では、政府や企業は皮膚の下で起こることにより大きな関心を向けています。私の体温、血圧などから私の体の中に入り込もうとしているです。

あたなが私の体内を監視できるなら私の感情を知ることができるようになるのです。本を読んだりテレビを見ている時の私の血圧、体温、心臓の鼓動を監視できれば、私がどう感じたか分かります。これはそう遠い話ではありません。

たとえば北朝鮮です。市民が10年後に生体情報収集のプレスレットを義務づけられたと考えてみてください。指導者のスピーチを聞いた時に怒りを覚えたらすぐ知られてしまいます。笑顔を浮かべ拍手をしても体内で起こることはコントロールできないからです。

そのためのテクノロジーはすでに存在します。それを導入したいという意欲もあります。』

AI搭載の車は運転手の表情を読み取り、疲れた時には運転を休むように提案してくれるそうです。親切なことのようですが、AIは感情を読めるということですから、使いようによって恐ろしい。

将来、メガネにAIが搭載される時代が来そうですが、話をしている相手の表情をAIが分析すれば、話をしながら相手の心の内側が把握できます。

アップルウォッチなどで健康状態がカンタンに把握できるようになり便利ですが、そのデータが集められているかもしれません。血圧を下げる薬を販売している会社は、高血圧情報を手に入れて、そこをターゲットにCMしたほうが効果的なので、高値でその情報を買うことでしょう。

「あなたのプライバシーはあなたのものではない」という時代で、それがコロナ騒動で加速してるんですね。


◆印象に残ったテレビ番組
◎NHKスペシャル デジダルVSリアル(2)「さよならプライバシー」(NHK総合)
◎ETV特集▽緊急対談 パンデミックが変える世界ユヴァル・ノア・ハラリとの60分(ETV)
◎ダークサイドミステリー「八甲田山遭難事件 運命の100時間」(NHKBSプレミアム)
◎NHKスペシャル「ヒグマと老漁師〜世界遺産・知床を生きる〜(NHK総合)
◎【講談】神田伯山「中村仲蔵」in 浅草演芸ホール(2020年2月21日口演)(Youtube)
◯【ストーリーズ】のぞき見ドキュメント 100カメ「AbemaTV」(NHK総合)
◯スーパー4Kマジック第4弾 天才!カリスマ!新星!世界が認めた凄腕マジシャン(BS朝日)
△有村架純の撮休(WOWOW)

◆見終わった海外ドラマ
◎キングダム シーズン1(Netflix)
◎ベター・コール・ソウルシーズン5(Netflix)

コロナウイルスに対する人間の最大の強み

  • 2020.05.11 Monday
  • 05:19

「ETV特集▽緊急対談 パンデミックが変える世界ユヴァル・ノア・ハラリとの60分」(ETV)はいろいろ考えさせられる番組だった。2回見て、言葉の大半を書き取った。その中で言っていることの一つ。


『コロナウイルスに対する人間の最大の強みはウイルスと違い"協力"できることです。

 

中国にいるウイルスは、アメリカのウイルスに対して、どうやって感染するのか、どうやって人間の免疫系を避ければ良いのか伝えることはできません。

 

しかし人間は、中国の医師がアメリカの医師にアドバイスできますし、中国政府がアメリカ政府を助けることも可能です。ウイルスを検出する方法についても協力して共通の計画を策定できます。私たち人間の強みです。これを活用しなければ現在の危機はさらに悪化するでしょう。この感染症が世界のどの国で広まっても人類全体に対する脅威だと理解すべきです。

 

中国や韓国は、感染症の拡大と封鎖解除の重要な情報を持っています。中国は封鎖解除をしようとしています。その過程で得た情報や教訓は今後最も効果的な方法を判断するうえでヨーロッパや世界中の国々の参考になるでしょう。それぞれの国が自分のことだけを考えると貴重な情報は失われてしまいます。』

 

コロナになくて人間にある武器は"協力"なんですね。

あー、それなのに現実は全く逆です。人間軍の内部で撃ち合いが始まっているように見える。

 

台湾は優れた防疫体制がとれたので、他の国が学びたいとWHOの総会の出席してくれと要望があるのだそうだが、中国が反対しているそうだ。そしてWHOのボスは中国の回し者だ。その中国とアメリカは詰り合いを続けており、アメリカはWHOの拠出金を一時停止すると言っている。WHOはコロナとの戦いの最前部隊だと言うのに。

 

まぁ、そんなことをここで言っても情勢が変わるわけではなく、苦戦は続くのでしょう。

 

コロナ騒動でソーシャルディスタンス、人間は孤立を強いられているが、人間の強みは"協力"であることを改めて肝に銘じておこうと思う。これまたワタシなんぞがそう思っていても、何かが変わるわけでもないが、とりあえず気持ちとして。

テレビ生活:「プロフェッショナル 仕事の流儀「本木雅弘スペシャル」」(NHK総合)

  • 2020.04.28 Tuesday
  • 05:35

◆「プロフェッショナル 仕事の流儀「本木雅弘スペシャル」」(NHK総合)は、本木雅弘を半年間密着取材したもの。彼のあまりの小心ぶりが衝撃的な内容だった。

現場ではリテイクを繰り返し、カメラアングル一つにもクレームをつけまくる。どんな演技をしてもダメ、ダメの繰り返し。どこまでもネガティブ思考。

果てしないコンプレックス。自信がないのでウジウジしている。本質が見えてないので細かいことにこだわる。

そんなイヤな性格であることを本人も分っていて、こう語っている。

『ただただ嫌な男ですよ。それ以前に嫌な人間。日記を書いてみようなんて思って、書き始めると愚痴とねたみと自分を卑下するような相手を批判するような誰かのせいにするような言葉しか出てこなくて、嫌なものしか出てこない。悪魔だからね。

だから友達は作れないし、自分でも重たくなっちゃうし、何かこの嫌な周波数を感じてもらっちゃたら申し訳ないと思うから、だから、要するに一人で居たいんじゃなくて、一人で居たほうが周りに被害が減るだろうって思う。』

◆「NHKスペシャル デジタルVSリアル(1)「フェイクに奪われる“私”」」(NHK総合)も衝撃的だった。
フェイク作成は職業にもなっていて、ニセIDを持った何十台ものスマホが、フェイク情報を発信し続ける。これで検索ワードトップにもっていくと、一般の人がアクセスするようになり、本格的に拡散する。フェイクからリアルが生まれる。今度のアメリカ大統領選はフェイク合戦になるだろうとのこと。

恐怖、怒りといったマイナスの情報は普通の情報よりは遥かに速く伝わることが実証されていて、フェイクニュースを過激な内容にすることで、リアルニュースに勝ってしまう。

メキシコで、フェイクニュースに踊らされて、無実の若者が誘拐犯に仕立てられ、火を付けて殺される事件が起きたそうだ。

それをチェックする機関もあるが、一つの情報の中のどの部分がフェイクか実証するのに時間がかかって、分った頃には拡散してしまっている。なので取り調べが難しい。

「ディープフェイク」というそうだが、AIにより、動画加工技術が格段にあがり、カンタンニセ動画が作れてしまう。スマホのアプリでできるそうだ。

フェイク技術で情報操作ができる恐ろしい時代に突入している。

◆「M-1アナザーストーリー 〜"史上最高"大会の舞台ウラ完全密着〜」(朝日放送)
優勝したミルクボーイのドキュメント部分が感動的だった。

12年前の若い頃の二人の漫才を見ても、否定と肯定を繰り返すスタイルは同じだ。これでは売れないと分っていても頑なに変えようとはしない。そして、このスタイルを極めることで人気を得ようとする。すごい人生の賭けだ。

人とのつきあいを断りひたすら練習をする。内海の部屋の壁には「今ある不満は全て自分のせい。」といった檄文で埋め尽くされている。

無料で角刈りにしてくれていた散髪屋さんが、グランプリをとったら、「これからは金をもらおうかな。」と言ってるのも泣ける。

駒場は結婚したばかり。まだ売れてない頃に結婚しているわけで、なんとか幸せにしたいという気持ちも強かったことだろう。グランプリシーンで家族が喜ぶ姿の動画に涙。こちらももらい泣きしてしまった。


❖その他、印象に残ったテレビ番組
◎NHKスペシャル「“パンデミック”との闘い〜感染拡大は封じ込められるか〜」(NHK総合)
◎NHKスペシャル▽新型コロナウイルス瀬戸際の攻防〜(NHK総合)
◎第69回 NHK杯テレビ将棋トーナメント 決勝 深浦九段×稲葉八段(Eテレ)
◎AI美空ひばり あなたはどう思いますか(NHK総合)
◎情熱大陸【河岡義裕/ウイルス学の世界的権威が、『今、伝えたい事』】(TBS)
◎【ストーリーズ】事件の涙「待ち続ける先に〜田代まさしの息子として〜」(NHK総合)
◎NHKスペシャル ホットスポット最後の楽園 season3(3)(NHK総合)
◯落語研究会▼第177回「文七元結」柳家權太樓、「らくだ」古今亭菊之丞(BSTBS)
◯ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜 古舘伊知郎×宮嶋泰子(BS朝日)
◯プロフェッショナル「“夢の国”スペシャル 知られざる、魔法の秘密」(NHK総合)

❖見終わった海外ドラマ
◎ナルコス:メキシコ編シーズン2(Netflix)

テレビ生活:「TERRACE HOUSE」

  • 2020.03.25 Wednesday
  • 06:05

◆動画配信のNetflixで、「今日のTOP10」が出るようになった。

今現在、TV番組・ドラマで、1位は、「鬼滅の刃」だ。7回まで見たが、やはり原作マンガで見るべきとGEOに行ったが、全巻レンタル中。すごい人気だ。

2位は、「テラスハウス」。男女6人が同じ家で暮らす恋愛リアリティ番組で、これは面白い。ようやく「OPENINGDOORS 2018」を見終わった。49回もあって、1年かけて見た。こうなると隣の家を覗いてる感覚になる。

6人の恋愛模様を見て、6人のキャストが感想を言い合うのだが、皆辛辣だ。山里亮太と徳井義実がとくに歯に衣着せぬ状態で、素人をそこまで貶すと、日常生活に支障がでるのではと心配になる。

事実、就活していた女性が、就職できても会社に悪いイメージを与えると辞めてしまった。

1年もやってると、放送が始まって、番組中で、放送を見ながら泣いてたりする。

男女の恋愛のかけひき、結果も気になるが、女性同士での足の引っ張り合いなど、どんでん返し的展開もあって、普通のドラマよりスリリングだ。

世界的に人気があって、米TIME.comの記者が選出した「2018年のベストテレビ番組10」で6位にランクインしている。

早速最新シーズンの「TOKYO 2019-2020」に突入している。

◆相変わらずNHKスペシャルが面白い。潤沢な資金がないと、福山雅治を南米まで連れていったり、世界最大の地下空間に照明を取り付けたりできないですね。受信料払ってるのだから見ないと損だ。

一方で、車中生活者をとりあげた「車中の人々 駐車場の片隅で」なんてNHKが好きそうなテーマだ。最下層の人を追いかけて、震撼とさせ、「これでいいのか、ニッポン」と社会問題として提起する。

全国1160カ所全部の道の駅を調べると、車中生活者は全国にいて、過去5年間29%になるそうだ。生活保護を受ければいいようだが、車を持ってるとダメと言われるとか。車しかない人に車を売れというのも酷な話だ。

車中生活の理由の一番は貧困だけど、職場の人間関係がうまくいかず、車中生活が唯一のやすらぎと言う人もいる。「これでいいのか、ニッポン」。

◆結局チンプンカンプンなんだけど、素粒子の世界から見た宇宙の話はワクワクする。「神の数式 完全版 第4回「異次元宇宙は存在するか〜超弦理論“革命”〜」」(NHKBS1)も面白かった。

この世界は10次元か11次元なんだそうで、その世界はどこにあるかと言うと、原子の1兆分の1のそのまた1兆分の1、超ミクロの世界、カラビヤウ多様体という空間の一部にあるそうだ。神の数式ではそうなる。カラビヤウ多様体については、下に画像を貼ってますので、見れば分かりますよね。当然。

番組では、「ロープは、人間にとっては1次元だけど、体の小さいてんとう虫にとっては2次元の面の世界になる。
野原は2次元の世界のようでいて、小さい生物には草がたくさん生えている3次元の世界になる。つまり、小さい視点で見ると次元は増えていくんです。」と説明していた。なるほど、と思ったけど、分かったかというと分からない。

その結果、10の500乗個の宇宙が存在して、この宇宙はその一つでしかない。そりゃまぁ、タイヘンなことだ。

※参考
NHK 神の数式 完全版 第4回「異次元宇宙は存在するか~超弦理論“革命”~」 - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=OaIKwDgGQ3s

-----------

◆最近一ヶ月で印象に残ったテレビ番組
◎TERRACEHOUSE OPENINGDOORS 2018(Netflix)
◎NHKスペシャル ホットスポット最後の楽園 season3(1)(2)(NHK総合)
◎NHKスペシャル「車中の人々 駐車場の片隅で」(NHK総合)
◎NHKスペシャル「巨大地下空間 龍の巣に挑む」(NHK総合)
◎NHKスペシャル 食の起源(5)▽『美食』〜人類の果てなき欲望!?〜(NHK総合)
◎神の数式 完全版 第4回「異次元宇宙は存在するか〜超弦理論“革命”〜」(NHKBS1)
◎落語研究会▼第178回「福禄寿」柳家さん喬(BSTBS)
◎プロフェッショナル 仕事の流儀「逆風下の“問題児”〜実業家・三木谷浩史〜」(NHK総合)
◎ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜 中井貴一×舘野晴彦(BS朝日)
◎NHKスペシャル「令和家族 幸せ探す人たち」(NHK総合)
◎病院ラジオ「依存症治療病院編」(NHK総合)
◎情熱大陸「六代目神田伯山/一度聞いたらハマる講談師!11日真打昇進…その軌跡」(TBS)
◎のぞき見ドキュメント 100カメ「ツイッター社」(NHK総合)
◎COOL JAPAN▽ニッポン人あるある〜That’sSoJapanese(BSプレミアム)
◎ブラタモリ「姫路城〜姫路城で江戸城のロケをするのはあり!?〜」(NHK総合)
○R-1ぐらんぷり2020(関西テレビ)
△東京03 第21回 単独公演 「人間味風」(WOWOW)

◆見終わった海外ドラマ
◎ナルコス:メキシコ編シーズン1(Netflix)
○ヴァイキング 〜海の覇者たち〜シーズン1(アマゾンビデオ)

テレビ生活:「NHKスペシャル「認知症の第一人者が認知症になった」」

  • 2020.03.01 Sunday
  • 05:54

◆冬ドラマはほとんど見てない。
医療ドラマが6本もあって、多すぎると記事になっていた。こんな記事があった。

『はっきり言うと、医療モノは楽なんです。外ロケが少ないので、手っ取り早いし、金もかからない。大掛かりに見える手術シーンだって、スタジオにセットを建ててしまえば、ずっと使えるわけですから。

局内のスタジオ費はタダ同然ですし、スタジオ内では、タレントの管理もしやすいんです。スタジオに入ってもらえれば、メイク室はあるし、食堂はある。大物の役者さんでも白衣着せてキャップ被せておけばいいわけですから、スタイリストやヘアメイクにだって、それほどお金はかからない。』
スタジオですんでしまうと随分ラクなんですね。病院は土日には借りられると書いてるものもあった。

今のドラマは、原作は人気マンガで、ジャニーズ事務所のタレントを起用し、人気番組の二番煎じ狙いとお手軽なものが多い。

海外ドラマが1本1億円なんてかけてる時代に、やる気も金もなくて、太刀打ちできるわけがない。

◆でも、ガッツのある番組もなくなはい。
「シリーズ横溝正史短編集II金田一耕助 踊る!」(BSプレミアム)の3作は面白かった。

短編集としているが、「犬神家の一族」を30分で放送したのには驚いた。

◆「ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜」(NHK総合)では、シシド・カフカの個性が際立っている。テンションの低い演技は、松田優作みたいではないか。

彼女の本職はドラマー&歌手。ピンで女性ドラマーという存在も珍しいが、演技も味がある。一度にファンになってしまった。

もっともこのドラマ自体はちょっとグズグズで見たり見なかったり。

◆一番面白かったのは、「NHKスペシャル「認知症の第一人者が認知症になった」」(NHK総合)だ。

「痴呆」という呼称を「認知症」に変えたりといった功績のある認知症医療の第一人者、長谷川和夫さん(90)が自身の認知症の日々を綴るドキュメントの第二弾になる。

前回時は、まだ症状が軽くて、認知症を楽しんでいたが、ひどくなってきて、鬱状態になったり、不自然な行動をとったり、周囲に負担をかけ始めている。

確からしさが消えていくと語り、夢と現実の境もはっきりしなくなって、日記に「Where am I?」と何度も書いていたりする。

彼を知る人が見ると、彼が提唱してスタートした認知症用デイサービスに彼がいることの衝撃度は大きいだろうと思う。

しかも、デイサービスは苦痛でしかないと行かなくなる。「家族がタイヘンだからとあなたが始めたんでしょ。」と家族が言うと、「つまらないんだからしょうがない。」と答える。 

それでも、もともと明るい人で、愛嬌があるので救いがある。一日の最後には、奥さんに「今日もありがとう」と頭を下げるところなんて涙が出そうなくらい微笑ましい。

番組では触れていないが、認知症になったことを晒して、認知症に対する理解を深めてもらおうという彼の意図があるのだろう。普通だと恥ずかしくてやらないことに挑戦している。

印象に残った言葉。
『認知症になるといろんなものが剥ぎ取られていく。心配はあるけども 心配する気づきがないからさ 神様が用意してくれた一つの救いだ。』
『認知症になっても見える景色は変わらない。』

あっ、また今回もNHKばかりになってしまった。

------////-----

◆その他、最近一ヶ月で印象に残ったテレビ番組
◎ドラマ24 孤独のグルメSeason8(テレビ東京)
○ガッテン!「寝たきり予防の最新メソッド“小脳力”トレーニングSP」(NHK総合)
○ファミリーヒストリー▽阿川佐和子〜(NHK総合)
○第13回「博多・天神落語まつり」其の弐(WOWOW)
○NHKスペシャル 食の起源(4)▽『酒』〜飲みたくなるのは“進化の宿命”!?〜(NHK総合)
○ガッテン!「実は女性の死亡数1位! 大腸がんで死なない秘策」(NHK総合)
○サワコの朝【立川談春▽落語家 談志に憧れて…】(TBS)

◆見終わった海外ドラマ
△THE TUNNEL/トンネル 国境に落ちた血 (BS12)
△ブラッド&トレジャー 伝説の秘宝(WOWOW)

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Booklog

Copied from: ブクログ -

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM