お気に入り川柳(無断転載)

  • 2019.02.16 Saturday
  • 06:41

◆ネクタイを外し私のものになる

◆許される仏は三度妻一度

◆万札を拾って妻に届け出る

◆悪知恵はあるのに知恵がない政府

◆大泣きの前に無声になる子供

◆シャツの裾出そうか入れよか迷う齢

◆すぐ自分褒めてごほうび買ってくる

◆政治家のカオも見るのか8Kで

◆帰る時老父(ちち)はわたしにお辞儀する

◆戯れに母背負ったらまだ重い

※一押しは「帰る時老父(ちち)はわたしにお辞儀する」
かな。認知症、せつないですね。

お気に入り川柳(無断転載)

  • 2019.01.26 Saturday
  • 07:06

◆添え書きのとこだけを読む年賀状

◆傘の字の傘ってかなりデカイ傘

◆妻じいさん俺ばあさんになっていく

◆陰ながら応援します冬のミニ

◆安倍さんは今日も真摯に聞き流す

◆失敗は想定外と言えば済む

◆書き込んだ予定はすべて診察日

◆ギャンブルはしない賭けてもいいですよ

◆テレビ消すつもりでエアコンつけちゃった

◆平成の世は良かったと言うのかも

※ワタシの一押しは

陰ながら応援します冬のミニ

です。

ワタシは厚着をしていても寒くてたまらないのに、平気でミニで歩いている女性がいる。寒いはずなのにその素振りもみせない。武士は食わねど高楊枝。気合の入れ方が違う。なんてエライんだと思う。

お気に入り川柳(無断転載)

  • 2018.12.07 Friday
  • 06:55

◆ボッタクリ観もしないのに受信料

◆クラス会徐々に老人会になる

◆痛み止め注射がことのほか痛い

◆これは詐欺息子はこんなに喋らない

◆ビールにもあると感じるジェネリック

◆いろいろな体の仕組み知る加齢

◆予防注射「痛い?」覗いて曲がる列 

◆まず名乗りピーッと鳴いてね家電たち

◆やってくるながらスマホを避けて待つ

◆銭湯に団体客がいる不運

お気に入り川柳(無断転載)

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 11:11

◆利子だろう通帳のこの黒いシミ

◆タラレバとダメモトなのよ人生は

◆このおかず何なんだくらい聞いてよね

◆そだねーといいねーしかない与党席

◆卒業後因数分解した事ない

◆「どちらかと言えば」で迫るアンケート

◆「過ちは繰り返さない」繰り返し

◆飲み会の時はビニール傘で行く

◆永久歯ちょっと言い過ぎだと思う

◆のど自慢たまに面倒くさい人

 

お気に入り川柳(無断転載)

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 15:05

◆病めるときも健やかなるときも職場

◆ちょっと泣きゃ号泣と書くテレビ欄

◆池の水全部抜きたい永田町

◆半分で逆立ちをするマヨネーズ

◆議員(アンタ)には言われたくない生産性

◆もう俺は何も言わんを3度聞く

◆トランプのジョーカー引くはどこの国

◆伸びしろはもうない縮みしろだけに

◆デザート後おばさんたちはまだ粘る

◆冷蔵庫奥に何かがずっとある

お気に入り川柳(無断転載)

  • 2018.09.03 Monday
  • 22:25

◆応援に行ってライトの守備につく

 

◆重要なお知らせですとある値上げ

 

◆ウルトラマン夏服あればいいのにね

 

◆父さんは行かないよねと誘われる

 

◆物置はわが家の昭和記念館

 

◆大谷の球を大谷打てるかな

 

◆洟をかみたいのにずっと青信号

 

◆あと五分眠るの恐い新幹線

 

◆ビキニ着てバレーボールをやる理由

 

◆口癖が「良しとするか」になってきた
 

お気に入り川柳(無断転載)

  • 2018.07.15 Sunday
  • 05:04

◆譲り合う人の後ろで待たされる

◆まさか「げ」と読ませるとはね沈丁花

◆褒められて喜ぶだけで伸びぬ部下

◆駅からは喪服の人について行く

◆九割方楽しいものよひとり暮らし

◆前途って多難か洋々しかないの?

◆契約が取れた帰りのネズミ捕り

◆桃に子を入れて流した女(ひと)の過去

◆歯ブラシを歯間ブラシで掃除する

◆風呂上りここここここに贅肉が

「立川談春独演会」に行く。

  • 2018.06.09 Saturday
  • 04:50

「立川談春独演会」に行く。会場はほぼ満席。と言ってもポツポツと空席もある。急用ができて来れないのか売れ残りなのか。売れ残ったりしてるともう来ないのかもと思う。どちらにせよそう大分には来ないことだろう。もうこれが最初で最後かもしれない。コンサートなどのたびに一期一会と思うようになった。


演目はまず「かぼちゃ売」。弟子が出てきて一席というのがないのがいい。それからそのまま大分にゴルフに来た話をしていた。安全運転の高齢者タクシーに乗ってしまい、いくらたっても着かないという話で、着いたら雪で、使えない。替わりのゴルフ場を紹介しますと手配されたのが「中津カントリー」というので、そのまままた高齢者タクシーに乗り込むことになるのだが、落語になりそうな話で、ドカン、ドカンと受けていた。「中津」は文化圏としては、福岡に入ってるくらいの遠方である。「中津」と言われたところで、観客は爆笑するが、土地勘がないと笑えない。こんなに面白いのに大分の人でないと十分理解できない噺だ。もったいないようなありがたいような。

 

そのまま「鮫講釈」。これは初めて聞いた。途中講談になるところが聞かせどころ。東京では講談が再流行しているそうだ。

 

休憩を入れて「へっつい幽霊」。うーん、人情噺を聞きたかったなぁ。ゴルフの話が長かったので時間がとれなかったのかもしれない。所要時間2時間。

お気に入り川柳(無断転載)

  • 2018.06.03 Sunday
  • 05:24

◆人民と言い出しそうな安倍総理

◆自動車と昔からそう呼んでいた

◆お忘れじゃないかハートをトランプさん

◆実家(さと)からの電話だけなる置き電話

◆どこ行きか見ずバスに乗る小冒険

◆気がつけばカルテのような日記帳

◆女って残酷よねと妻が言う

◆渋滞をごろ寝で見てる優越感

◆人により差が大きいな「お金ない」
 

◆この辺で一服するも死語になり

お気に入り川柳(無断転載)

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 04:58

◆ボロクソに言うとは凄い言葉だな

◆しつこいぞポイントカードあれば出す

◆利息より多い5円が落ちていた

◆今ならばスマホ見てるか金次郎

◆その歳に慣れた頃来る誕生日

◆いつどこの誰の景気がいいんです?

◆驚いたわが掃除機に蜘蛛の糸

◆パトカーを先導してる祖母のチャリ

◆我慢弱い人を育てるスマートフォン

◆レシートが短くなった子の巣立ち
 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Booklog

Copied from: ブクログ -

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM