最近目にした認知症予防方法

  • 2018.11.08 Thursday
  • 11:13

父親がアルツハイマー型認知症という診断を受け、その介護の仕方も気になるところだが、他人事ではなく予防法についての情報にも敏感になってる。

◆先日のTV「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では、日本の学会が楽器演奏が“効果あり"としたことを紹介していた。楽器演奏のかわりに歌いながら手拍子でも効果があるとか。
どこかにしまってるギターをまたとりだそうかなぁ。

◆TV「世界一受けたい授業」 では
『フィンランドで行われた最近の研究で、ある食べ物を1日1つ食べると認知症のリスクが低下することがわかったんだそうです。その食べ物とは何でしょうか?

正解は…卵

認知症の原因のひとつとして考えられているのが、記憶と関係が深い神経伝達物質・アセチルコリンの減少。卵にはアセチルコリンの元となる、コリンが豊富に含まれているのです。

最新の研究によると、1日1個卵を食べたグループは食べてないグループに比べ、認知症の発症リスクが22%も低下したことが、わかっています。』

出ました!卵!!
卵について5月の日記で「週刊文春」の「ベストセラー著者UCLA助教授が特別指南「究極の食事」実践編」の記事を紹介した。
『卵については、従来言われてきたように悪玉コレステロールを上げないことがわかってきました。ただ『血液検査の数値を上げないから大丈夫』ではないのです。
卵は一日一個以上食べると糖尿病や心不全のリスクを上げるという研究がある。多くとも週に六個までにした方がいいでしょう』

卵の評価はあまりにコロコロかわるので、今はなるべく食べないようにしている。
料理に使われているのは良しとするが、目玉焼き、スクランプルエッグなどは食べない。スキヤキの卵も禁止にしている。

しかし、ここにきて認知症に効果ありとの新情報。

ネットで調べると
『コリンを多く含む食べ物は、鶏卵の黄身で2000mg含まれていてダントツとなります。』
とある。

「卵は1日1個まで」の常識は古い アルツハイマー病予防の効果も - ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/13480228/
には
『117歳で亡くなった、イタリアのエマ・モラーノさんは、若い頃から1日3個以上の卵を食べ続け、100歳を超えても認知機能が低下しなかったという。』

とりあえず卵を少し解禁しようかな。

◆「週刊朝日」で認知症予防をとりあげていてそこでの項目
1.人に会う。会話をする。
2.体操やスポーツをする
3.料理をする
4.規則正しい生活をする
5.楽器を演奏する
6.絵を描く。習字や切り絵をする
7.農業、畑仕事をする
8.日記を書く。記録する。
9.新聞を読む。読書をする。
10.バランスのとれた食事をする
11.よくかんで食べる
12.適切な睡眠習慣をもつ
13.現役で仕事を続ける。
14.役割をもつ。人から頼りにされる
15.クロスワードパズルなどで脳トレをする

こうした日記を書くということもボケ防止になる(はず)。『文字を書くことは知的活動で、その日に起きたことを脳が復習するいい訓練になる。時々、過去に書いたものを読み返すと、回想療法の効果も期待できる。』そうだ。
ここにも楽器演奏が出てくる。

「海が動いてる!」

  • 2018.11.03 Saturday
  • 11:08

別府湾クルーズに家族4人で行く。大分市の海岸線は埋め立てられていて臨海工業地帯となっている。それを海側から見るという1時間くらいのクルーズだ。船はさんふらわぁと言う7階まである大型のフェリーだ。

案内を聞いてると新日鉄住金は毎日26000トンの鉄を生産をしている。車1台はおよそ1トンの鉄を使うので、毎日26000台分の車が作れる量で、これは世界一だとのこと。そうなんだ。知らなかった。

往路では源流太鼓少年隊の和太鼓の演奏があった。全国で優勝したそうだ。全力で激しく叩いているので隣にあわせましょうという気遣いをする余裕がないのだが、音に乱れがない。すごい練習をしてるんだろう。

昼、休憩室で、小さい子が窓から外を見て「海が動いてる!」と親に言ってるのがおかしかった。

「おすぎとピーコが戸田奈津子と語るハリウッドスターの真実」

  • 2018.10.31 Wednesday
  • 06:33

土曜日、「おすぎとピーコが戸田奈津子と語るハリウッドスターの真実」というトークショーに行った。

戸田奈津子さんが80歳台、おすぎとピーコが73歳ということで、話の中の固有名詞がアレ、ソレになってしまう現象は彼らでも同じ。

ピーコ「最近、見ていて死になくなる映画がありました」
オスギ「何ていうの?」
ピーコ「ちょっと待ってね・・・うーん、考えるから少し待ってね。・・・《ともしび》。そうそう《ともしび》」
というペースでの会話。ジュリア・ロバーツの名前が3人とも出てこない。

テンポのあるフリートークが売りの二人には固有名詞が出てこないのはつらいですね。

タイトルになっている「ハリウッドスターの真実」なんて気にしてないようで、沢田研二の話などしている。

かろうじて、トム・クルーズの話はそれらしい。
トム・クルーズは54歳になるのに、前回の「ミッションインポシブル」で水中のシーンがあったので訓練して、6分30秒息が止められるようになったとのこと。6分30秒も水中にいられるためには、体をできるだけ動かさないようにする必要があって、心拍数を少なくすることができるように訓練したとのこと。6分30秒潜るシーンなんてないのだけど、それでも挑戦するのがトム・クルーズとのこと。

今、洋画の翻訳をAIがする方向にあるそう。
ピーコが70歳をすぎると字を読むスピードが落ちていて、字幕が苦しい時があるとのこと。これからこれがひどくなるんだろうなと心配そうである。

ワタシもそうですね。ややこしい字幕の時は一時停止ボタンを使ったりするようになってしまった。

AI化について帰って調べると
YouTube、毎日ビデオ10億本を自動字幕化と発表 | TechCrunch Japan https://jp.techcrunch.com/2017/02/17/20170216youtube-says-it-now-has-automatically-captioned-1b-videos/
なんて記事があった。だんだんそうなって行くんですね。

家の近くにセブンイレブン出店

  • 2018.10.27 Saturday
  • 07:27

家の近く、歩いて2分のところにセブンイレブンがオープンした。こんなに近くにできると嬉しいですね。

 

昔、セブンイレブンは大分県にはなかなか出店しない時期があって、テレビではセブンイレブンの商品の話が頻繁に出るのに指をくわえて見てるしかなかった。

 

なので、県外に出るとセブンイレブンに行っていた。ご当地の名物よりセブンイレブンのオニギリという、観光スポット的扱いだった。

 

大分に出店するようになってあちこちにセブンイレブンができると嬉しかった。

 

そんなこんなのセブンイレブンなので、県外でしか見ることができなかった(くどいですか?)ものが歩いて2分なんてとこにできるとは、長生きはしてみるものです。

 

夜、早速子ども二人と偵察に行ったのでした。子どもに時間を測らせると2分30秒かかった。2分30秒に訂正。

認知症にならないためには

  • 2018.10.20 Saturday
  • 05:32

父92歳が認知症の症状を呈してるいるので脳神経外科に連れて行き検査してもらう。質問による記憶力の検査とMRIによる診断だ。

これは常識なのかもしれないが、アルツハイマー型認知症というのは、記憶装置である海馬が萎縮して起きることなんだそうだ。父は萎縮率から見てアルツハイマー型認知症の可能性が高いとの診断だった。

記憶障害(アルツハイマー型認知症)はあるタンパク質が長い間かけて脳内に溜まっていき、脳細胞を傷つけることで起きる。

タンパク質を掃除するためには血流をよくして洗い流すようにするのがいい。
脳内の血流を良くすることを心がける。

そのためには
・脳に刺激を与えようなことをする。人と接するとか感動することを増やすとかでしょうか。
・逆にあまり脳を使いすぎない。適当に休ませる。休ませる時に血流が増える。
・睡眠を十分とる。睡眠中に血流が増す。
・運動をする。これはいかにも血流が増えそうだ。
・動脈硬化が起きないようにする。動脈硬化は血流を悪くするので血圧、コレステロールなどに注意する。
・楽しく暮らすことにこころがける。
とのことだ。これも常識かな。最新の医療はもっと進んでるのかもしれないがとりあえずかかっている病院の先生の話でした。

認知症の人の接し方としては、
記憶-特に新しい記憶-の能力が落ちているので、「今言ったでしょ」と忘れたことを責めないことが大切とのこと。

責めると本人は(認知症でも)傷つき、そのことが血流を悪くする。それが重なると攻撃的になることがある。

言ったことを否定しないで聞いてあげることが大切。

なるべくそうしてるんだけど、これがなかなか難しい。電話しろと資料を持って来い なんてのはテキトーな相槌では解決しないので苦労する。

「明和電機ナンセンスマシーン展」に行く

  • 2018.09.26 Wednesday
  • 05:20

市美術館でやっていた「明和電機ナンセンスマシーン展」に行ってきた。おかなし発明品で有名な明和電機。その量の多さと質の高さに驚かされる。

おかしなものでいっぱいだったのだが、個人的には、「雷来剣」という避雷針が一番面白かった。『落雷すると、ストッパーが解除し、剣が空を飛び雷様を攻撃する避雷針。』
雷様の雷攻撃に対し、反撃しようなんてよく考えつくものだ。

 

雷来剣 / Ray-Ray-Ken - 明和電機 - Maywa Denki明和電機 ? Maywa Denki https://www.maywadenki.com/products/naki/ray-ray-ken/

 

「聖魚」もおかしい。『魚が操縦する乗りもの。十字形の水槽内を魚が泳いでいった方向にキャタピラが進む。』
これによって魚は車を得、地面を自分にものにできたことになる。

聖魚 / Sei-Gyo - 明和電機 - Maywa Denki明和電機 – Maywa Denki https://www.maywadenki.com/products/naki/sei-gyo/

楽器類もたくさんあって、社長自ら登場して、演奏会を開いてくれた。有料のコンサートを開くくらいの精度の高い楽器になっていることに驚く。You Tubeで探したらワタシが見たものに近いものがアップされていたので興味がある方はご覧ください。


「生涯現役で輝くために年金、相続、贈与について学ぶ!」というセミナーに参加する

  • 2018.09.03 Monday
  • 06:24

「生涯現役で輝くために年金、相続、贈与について学ぶ!」というセミナーに参加する。

年金で、64歳までは『報酬比例部分」と言っていたものが、65歳からは「老齢厚生年金」にかわる。というような単純なことが分かっていなかった。それで少し理解できるところがある。

家族信託といった制度があることも知らなかった。ウチは必要ではないが。
制度の概要 | 一般社団法人 家族信託普及協会 http://kazokushintaku.org/whats/

講師の方が、『今、年金は65歳からの支給で、皆さんはこれがさらに伸びるのではと気にされてる方もいらっしゃると思いますが、その可能性は今のところありません。
60歳から65歳に支給を遅らせることについては昭和61年から議論がなされ30年近くかかって実行されました。
そのくらいの時間がかかるものです。しかし今の段階では、支給を遅らせようという議論はなされていません。ですから当分はないと思います。あるとすれは影響を受けるのは二十歳台くらいでしょう。』とのこと。
支給を延長しようとすると、働く場を設けなくてはならないので、カンタンではないが、年金が行き詰まったりするとそれを理由に早く実現することもあるのではないかと思う。

二十歳台の人が年金をもらう頃に年金制度はどうなっているのだろうか。すでに年金制度は破綻しているという話も聞く。年金は資金を株式投資に突っ込んでいる。今は利益が出てるようだが、株価がいいのは、日銀がたくさん買ってるからだ。金融制度に詳しいわけではないので議論はできないが、そんなやり方が正しいとは思えない。今のワタシたちですら不安定な船の上にいると感じているのに、若い人は不安でしょうがないだろうと思う。

フィッシング(詐欺)メール

  • 2018.09.01 Saturday
  • 06:20

三菱UFJニコスから、第三者によるアクセスを確認しました というメールが来た。
三菱UFJニコスって入ってたかなとカードを調べるがない。ネットで調べるとフィッシング(詐欺)メールだった。

MUFGカードをかたるフィッシング(詐欺)メールにご注意ください!|クレジットカードなら三菱UFJニコス http://www.cr.mufg.jp/member/notice/fishing/index.html

第三者によるアクセス確認というのはときおり来るのでだまされてしまう。【重要】と書かれたメールが来ることがあり、中には本物のメールもあるのだろうが信用できない。ネットという便利なシステムがこうしたことで限定的にしか使えないというのはもったいないことだ。

『「速歩き」と「大股」こそが長寿で健康の第一歩』

  • 2018.08.23 Thursday
  • 05:20

今週の「週刊ポスト」に、『「速歩き」と「大股」こそが長寿で健康の第一歩』 という記事があった。

米国で34,485人を対象にした調査では速歩きの人は平均よりも約12年余命が長いという結果が出たそうだ。
認知症にも効果があって歩く速度が遅かった人は、速かった人に比べて認知症の発症リスクが1.5倍高かった。
大股についても同様のことが言えて認知機能の低下が生じるリスクが2.8倍高かった。

小泉元首相はライオンにようにズンズンズンと歩く、加山雄三がガシガシと歩く。ともにとても元気だ。

以前テレビで、脳の機能が衰えると動作が緩慢になり歩く速度が遅くなると言っていた。

大股で速く歩くことが大切というのは常識だろうが、最近はあまりできていない。インターバル速足ということも言うので、少し考えてみなくては。

とりあえず日常の行動を素早くと思って心がけていたら足の小指を椅子にしたたかに打ってしまい、かえって動きが鈍くなってしまった。

速く動こうとするとトラブルが生じたりミスが生じてしまうのも事実。ゆっくりと一つ一つ確実にすることが大切だったりする。それで速く動けないというのもこのお年頃の事実だ。困ったものだ。

年金一年生

  • 2018.08.19 Sunday
  • 09:38

6月で65歳となって、年金の通知が8月13日に来た。なんだかややこしいので図を書いてお勉強。

振込は15日となっていたので16日には振り込み確認できるだろうと、銀行のATMに記帳に行く。ATMの記帳はカミサンがしてるのでずいぶん久しぶり。そんな時に限って、通帳記載欄が2行しかなくて切り替わりになって、窓口に持ち込む。

特にサプライズはなく計算どおりの数字が記載されている。

年金は支給がどんどん先延ばしになると言われていて、自分の時にもらえるのか心もとなかった。実際、比例報酬部分はワタシの年から60歳から61歳支給になった。支給が開始すれば、減ることはあっても取り上げることはないだろう(たぶん)。とりあえず年金一年生。

 

年金が振り込まれていたので8月15日は年金記念日

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Booklog

Copied from: ブクログ -

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM