身辺雑記:胃潰瘍検査、前と後

  • 2019.12.22 Sunday
  • 05:35

2ヶ月、胃潰瘍の薬を飲んできて、先日、胃カメラで検査したら、完治していた!ほっ。

ただ、その前後が少しタイヘンだった。

検査の一週間前に風邪をひいて、それも喉風邪で、つばを飲み込むのも痛い。喘息の気味があるので、セキが止まらない。それも夜、横になるとひどくなる。

胃カメラを飲んでいる最中にセキが出たらどうなるのか。内臓を傷つけて危険な状態となるのだろうか。

麻酔はどうなんだろう。
麻酔で寝かされてる状態だとセキはでないということだと助かるが。
ネットで調べるがそんな特異なケースの回答はない。

胃カメラは予約して2ヶ月待ちというのが普通なので、このまま延期されて、2月まで結果がわからずはイヤだなと思い、病院で薬をもらい、喘息の吸引をし、静かに過ごした。

問題の当日、喉の状態を説明する。先生の判断としては問題なしで、検査もあっけなく無事に終了した。

気をもんだ点では、今年一番だったなぁと晴れ晴れした結末だ。

ところが、新しい問題が発生。

しゃっくりが止まらないのだ。
ネットで検索すると、胃カメラを飲んでしゃっくりが出るようになったという事例が出てくる。横隔膜のあたりを通過することで刺激されるのかもれしない。

ワタシの場合、通常は、コップに水を汲み、コップの奥の方から(前かがみになって)飲む(下図)と効果があるのだが、それがきかない。

ネットで調べて、いろいろやってみる。
迷走神経を刺激するといいとかで、耳の中に指をつっこむとか、舌をひっはりだすといった百面相的なものから、血液中の二酸化炭素濃度があがるとおさまるので、息を止める系があるようだ。

一つ、100%止まる方法があって、頭からビニール袋をかぶり、空気が出ないようにする。息を止める系だ。これだと確実に止まるが、命がけだ。窒息死とはこんなものかと、う〜っすら感じるあたりで、しゃっくりは止まる(良い子は真似しないように)。

ワタシはしゃっくりが出やすい体質で、若い時はよく出ていた。仕事中だと困る。会議の前にしゃっくりが出始めたりする。

会議中にワタシのしゃっくりだけが響き渡るなんて想像だにしたくない。

そのためのビニール袋を持っていた。是非もなし。トイレの個室で、ビニール袋をかぶっていた。これで気絶して、息絶えていたらどう判断されるだろうと思いながら。簡易ながら密室なので、自殺と認定されるんだろうが、自殺の方法が特異だ。まさかしゃっくりを止めようとしていたとは誰も思わないだろう。

今回のしゃっくりは、最初強く、だんだん弱くなる。時間がたつと民間療法がきくようにになることに気づいた。
ところが、またしばらくすると始まってしまう。その繰り返し。

そのうち疲れてきて、どうでもよくなってきたら、どこかに行ってしまった。まだ用心はしてますがね。

検査の前と後がタイヘンで、胃潰瘍のことはどこかにいってしまった。一つ病気すると不測の影響が生じるものだ。

「ヨーグルトは身体に良い」はウソだった!?

  • 2019.12.14 Saturday
  • 07:18

NHK「ためして ガッテン」『長寿&ガン予防で注目!腸内細菌パワー覚醒術』ってご覧になりました?ワタシにはかなり衝撃的な内容だった。

カンタンに言うと『ヨーグルトで体内にビフィズス菌などを取り込んでも、これらの菌は膨大な常在菌に圧迫されて腸内に定着することは出来ず、そのまま排泄される。』という内容だった。

番組での実験では、ヨーグルトを食べている間は、ヨーグルト由来の菌がおなかの中にいるが、食べるのをやめると、菌の状態は前の数値に戻ってしまう。

ヨーグルトの菌は「通過菌」と呼ばれ、もともとおなかの中にいる「常在菌」とは違う性質・働きを持っているのだそうだ。

腸内を通り抜ける時に分泌する物質が健康のために有効なんだそうだが、それでは、食べないよりはいいというレベルだ。

ヨーグルトには脂質が多いという欠点があって、コレステロールを気にする人には欠点のほうが勝ってしまう。

その後、この番組を見て、毎日とっているヤ○ルトをやめたというネットニュースがあった。そういう人も出てくるだろう。

ワタシは、カスピ海ヨーグルトをもう30年くらい培養しては毎日食べてきた。さぞや腸内フローラは豊かなお花畑になってることだろうと自信をもっていたのに、無意味どころか脂質異常をきたしていただけだったのかもしれない。

30年間、コツコツためていた貯金が、借金としてかえってきたような気分だ。

もともとブルガリア人は長生きということで、ヨーグルトが健康的な食品ということになったと思うのだが、ネットで検索すると関連付ける根拠はなかったらしい。

ヨーグルトメーカーのサイトにはバラ色のヨーグルト効果がたくさん出てきて、腸の奥まで届くなんて謳い文句のものもあるが、奥まで届いて、そのまま排泄されるんじゃ意味がない。

さらに、『ヨーグルトとチーズを摂ると白内障になる』という記事があった。ワタシは50代後半という早い時期に白内障を発症しているが、ヨーグルトのせいだったのだろうか。

食品や健康に関する常識がカンタンにひっくり返るのはあきれるばかりだ。

今、タッパ一杯のカスピ海ヨーグルトが2つあるがどうしたものか。健康に関する常識は信用ならないとするなら、またヨーグルトは食べたほうがいいというモードになるかもしれない。

ここで培養を切らしてしまうと、もうカスピ海ヨーグルトは食べられない。いつかまたヨーグルトが日の目を見る日を待ち、今食べてる量の半分くらいにしようかと思う。雌伏して時の至るを待つ。

あっ、「ためしてガッテン」の番組の趣旨は、ヨーグルト非難ではなく、常在菌のエサになる水溶性食物繊維を食べましょうということだった。

具体的には海藻、芋類、豆類、キノコ類ですね。ヨーグルトを食べるくらいなら、こうしたものをとる方が、常在菌を増やすにはいい。ここにもまた納豆が登場する。

水溶性食物繊維が身体にいいというのは常識と思っていたが、ワタシのような胃潰瘍の人には、胃粘膜を刺激する食品なので摂取を控える食品になっている。この話を聞いたときもショックだったなぁ。

今は繊維の多い野菜などは控え目にしている。野菜が身体に悪いなんてことがあるとは驚きだった。

何も信用できない世の中です。

※参考
「ヨーグルトは身体に良い」はウソだった!? | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン https://diamond.jp/articles/-/96173

ヨーグルトとチーズを摂ると白内障になる・・『最新医学大事典』/前立腺ガンリスク高める「毎日新聞」: 月 うさぎ https://21292738.at.webry.info/200805/article_9.html

頸動脈エコー

  • 2019.12.06 Friday
  • 05:24

健康診断にホームドクターにしているクリニックに行く。
国保の健康診断を特定検診というが、これは普通の病院でもできると最近知った。それなら行きつけのクリニックですれば、検診結果判断もセットでできる。

ワタシは、コレステロール値が芳しくない。悪玉が高いかわりに善玉が低いのだ(最悪)。

それと血圧が、基準値ぎりぎり。特に下が高く90前後ある。ただ、起きたばかりの時は70台と低い。
いずれも薬を飲むほどではないとの先生の判断だが、それも時間の問題だろうな。

コレステロールについては、頸動脈エコーをとっている。頸動脈のプラークを測れば、全身の動脈硬化度の評価の指標となる。

これが、3年前は1.1ミリで正常値だったのが、昨年測ると4.6ミリに一気に悪化、軽度動脈硬化となってしまった。

5ミリを超えると中度になってしまう。
この4.6ミリというのは、頸動脈の4箇所に1.1ミリほどのブラークが見られ、その合計が4.6ミリということだ。

昨年は、先生からまずは生活改善に努めてください。その結果で薬を考えましょうということだった。それで、気をつけましたよ。コレステロールにいい食べ物をとり、運動をした一年だった。

それで、今年のエコー結果がどうなるか緊張の検査だった。
結果は、なんと4.5に下がった。
普通だと加齢とともに増えるところだろうから、今年は中度にあがり、薬を飲むことになるだろうと覚悟していたので、わずか0.1だけど下がったところに勝利感がありますね。

ところが、エコーで甲状腺も診るのだけど、1センチ角の腫瘍がありますね。と言われてしまう。想定外のところから敵が現る。

「良性だと思いますが、大きくなると、甲状腺のホルモンの出が悪くなるので、切らなくてはならなくなります。今の段階では、経過観察でいいと思います」とのこと。

年とともに、あちこちにそんなものができてるのだろう。いいさ好きにさせてれば。

ところで、この先生は、卵はできるだけ控えてくださいという意見の方。スキヤキに卵を使ったりしてはダメですよと釘をさされている。

その後読んだ本の中でも卵はできるだけ控えたほうがいいとあり、最近見た「チョイス@病気になったとき「コレステロール・中性脂肪の新常識」」(NHKEテレ)の中でも、一時期、卵はいくら食べてもいい言われるようになったが、最近はまた弊害があると言われるようになってきた、食べていいのは週に1,2個くらいと言っていた。

食品界の意見はころころかわるので困ってしまう。今は先生の意見に従って、なるべく食べないようにしている。

また、来年の頸動脈エコーに向けての精進の日々が始まる。

薬を飲んで、思いっきり卵を食べたほうがいいような気もするのだが。

11月は・・・

  • 2019.11.30 Saturday
  • 05:30

11月はスルスルと終わってしまった。一番いい季節なので、2ヶ月くらいやっていたいのだが。

◆11月2日(土) 水道管工事
今年5月に倉庫の解体工事をして、続いて、ブロック塀の一部撤去、フェンス設置をした。

その時、分かったのだが、水道管が鉄製で詰まっているところがあり、いつ破裂してもおかしくないそうだ。古い家だからなぁ。ということで、水道管工事。

倉庫からスタートして、家の補修工事が半年たっても継続している。これでたぶん最後。全部で100万円以上かかってしまった。

◆11月17日(日) 竹田の竹楽
2万個の竹灯籠を商店街を中心に並べたイベントだ。光の川のようになってキレイ。

毎年竹の切り出しから始まって、製作、配置、点灯と想像しただけですごい作業量。その労力に圧倒され、その分キレイに見える。

◆11月23日(土) 校区防災訓練
ウチの地区は7つの自治会が集まって校区で防災訓練をする。300人位が集まる。市長も来て大がかりなイベントになる。

その主催の防災士にワタシもなっているので、準備、実施がそれなりにタイヘン。

講師を呼んで、1時間30分ほど講演等をしてもらって最後炊き出しの非常食を持って帰ってもらう。

いろんな手配はみんなで手分けしてするのだが、企画がタイヘン。交代ですることになっている。来年はワタシの番。さて何をしようか。

◆11月23日(土) スマホの機種変
カミさんと子どもがスマホの機種変をする。

スマホは、ケーブル会社の格安スマホに入っている。2年経つと、指定の機種であれば、機種変は無料なので、機能が進んでいるからと面倒臭がる二人に勧める。

この会社は、機種変担当者が家に来て、全部してくれるのでスムース。

◆11月23日(土) 紅葉狩り
こちらの紅葉の名所の一つ用作公園に18時から行く。1時間程度かかる。ライトアップがキレイなので、夜行くと雰囲気があるのだ。一服の絵のような風景。

◆11月29日(金) 誕生日会
前の職場の59歳の嘱託さんの誕生日会に呼ばれる。13人集まった。忘れずにこうした職場のイベントに呼んでもらえるのは嬉しいですね。
 

レコード売却する

  • 2019.11.19 Tuesday
  • 06:15

終活の一つと家にまだあったレコード114枚を、中古レコードショップに持ち込んだ。

昔、レコードしかない時代、レコードは週に一枚と決めて買っていた。500枚以上になったと思う。

そのうちCDなるものが登場して、宝物だったレコードは急に色あせてしまった。それでもしばらくは持っていたのだが、20年くらい前にCD化されているレコードは中古レコードショップに売ってしまった。

CD化されなかったマイナーなレコードはまだ売らなかった。それが今回売った114枚のレコードだ。

なので二束三文がほとんどで、価値のないレコードは50円という値段だ。

いい値段がついたものもあり、締めて27,800円となった。

ベストスリーをあげると
吉田美奈子/扉の冬 2400円
ルースターズ/THE ROOSTERS 2000円
  ※福岡のロックバンドで、九州では人気があるとか。
ラジ/ラヴ・ハート 1000円
  ※帯に、山下達郎の文字があり、それで高くなっている。

終活の一つという意味もあるのだけど、114枚をアマゾンミュージックで検索すると、77枚、7割はそのアルバムがあるということもある。20年前にCDもなかったアルバムがそんなにあることに驚いた。

該当するアルバムはなくても、そのミュージシャンの他のアルバムならあるものが23枚あり、9割はあることになる。それなら売ってしまっていいだろうという判断だ。

今回売ったレコードは、リストをつくり、聞きたいアルバムのリストの中に入れた。114枚の一部はこれからもう一度聞いていこうと思う。

レコード、CD、ダウンロード、ストリーミング。レコードを買っていた頃、音楽のメディアがこんなに形を変えることになろうとは想像もしてなかった。

レコードを広げると、レコードの持つ独特のニオイが部屋に広がる。リストづくりでレコードに囲まれて生活していると、久しぶりのニオイが懐かしく、幸福感に包まれる。

ストリーミングサービスは強力だが、このニオイだけはない。

レコードに未練はないのだが、このニオイが家からなくなるのは少し寂しい。一度深呼吸して、中古レコードショップに行く。

プレミア付商品券が来た

  • 2019.11.10 Sunday
  • 05:18

プレミア付商品券ってご存知ですか?

今回の消費税増税対策の一つで、低所得者層救済の観点からプレミア付商品券2万5千円を、2万円で購入出来るというものだ。5000円お得なのだ。

対象者は―嗣雲波鷁歙任諒と、学齢3歳未満の小さな乳幼児のいる子育て世帯の方となっている。

該当者は申請してください、という案内の文書が数ヶ月前に来て、関係ないだろうと無視していたのだが、家人が、ウチはどうも住民税って払ってないみたい と言う。

いろんなものを払っているので、何を払ってるか払ってないのか判然としないところがある。

それなら申請してみれば分かると、送ってみたら、ちゃんと商品券引換券が届いたのでびっくり。
なむと、ウチは住民税は非課税だったのだ!

5000円の商品券がもらえたことより、低所得者層という国からお墨付きをもらったことがややショック。

他の人はどうなっているのかと、友人等に聞こうかと思ったが、低所得をカミングアウトしてるみたいで、どうもはばかられる。

そっと、ウチの両親、家人の両親、おば夫婦に聞いたがもらってる人はいない。年金生活者は全員もらってるというわけではないようなのだ。

どうも周囲でウチが一番貧乏みたいと、家人と肩を寄せ合う。

低所得者層と規定されると、気分的に消費が縮みますね。
牛肉欲しいとこだけど豚肉にしようとか、寒いから冬の絨毯出したけど、かなり傷んでる。でもまぁがまんして使おう、なにせ低所得者なんだからと、みみっちくなる。

国も身の丈にあった生活をしろと言ってるし。

ところで、このプレミア付商品券は評判が悪く、申請者は対象者の3割しかないそうだ。

理由の一つに、2万5千円の商品券を買うのに2万円かかるということがある。低所得者なんだから、2万円が右から左というわけにはいかないのだ。

これが一人あたりなので、子ども2人で非課税の家庭だと15万円出る計算になるらしい。期限は3月末まで。12万円出して、15万円の商品券を買って、後5ヶ月で使い切れ。でないと紙きれになってしまうって、我ら低所得者層には厳しい。

そういうところって、金持ちの議員さん、官僚さんはバカですよね。我ら低所得者層の実情を全く理解されていない。パンが食べられないならケーキを食べれば というのに似ている(ちょっと違うかも)。

そもそもこういうバラマキ政策は、市町村のシステム開発に金がかかる。国か元となるシステムは作るのだろうが、対象者を割り出すのに、市町村の住民情報、課税情報などにリンクさせなくてはならない。

これらのシステムの形態は市町村でまちまちなので、基本システムを元に全国の市町村でシステムをつくっていかなくてはならない。1700個の1回こっきりのシステム開発を短期間にやらなくてはならなかったはずだ。

人件費などの事務費もバカにならない。配る作業に、商品券をどこで配るのか、参加企業も募らなければならない。

ある市町村の試算では、1000円の商品券を配るのに800円ほどの経費がかかるらしい。

その1000円が300円になったのだから、300円配るのに800円かけている。さすがのお役所仕事。

ウチの地域はデパートが配付事業者になっていて、手続きに行ったのだが、商品券の束を裸のまま渡された。商品券は500円券の束なので、かなりの量になる。

「何か袋はありませんか?」
と尋ねたら、
「これは市町村の仕事ですので、袋はありません。」
とけんもほろろ。

そのくらいビニール袋でも出してくれよと思ったが、ダメらしい。イヤイヤやっているのがミエミエだ。

喜んでいるのは、IT関係業者だろう。そこへの公共投資という経済効果が一番期待できたのかもしれない。

低所得者対策と言う名を借りて、きっちり企業が儲かるようにしている点では、政府の政策にブレはない。

山本太郎「偽善者と呼ばれて」 大分市 街頭記者会見 全国ツアー九州編

  • 2019.11.08 Friday
  • 04:11

10月28日に、山本太郎がこちらに来て街頭記者会見をした。そのことは分かっていて、行くつもりだったのだが、会見時間が、急に2時間下がってしまい、行きそびれてしまった。

その時の動画がアップされていて、質問者が、山本太郎を罵倒する緊迫した該当記者会見だったようで、見に行けばよかった。

動画では、その人は「あなたは偽善者だよ」「エラソーなことばかり言ったって、票をとるだけじゃないか」「しょせんあなたはタレントだよ」「かっこつけんじゃねーよ」「なんでこんなとこでぬけぬけと講義をやってるわけ」「こんなところでかっこつけてる場合じゃねーだろ」「あなたはあまり利口じゃないですから」と暴言が続いている。

それに対して、山本太郎は排除せず、発言者の周囲の人が質問者を止めようとするのを遮って、「今までの中で出てこなかった意見ですので是非伺いたい」と議論にもっていこうとする。

山本太郎はこうした街頭演説を続けているのでコミュニケーション能力の足腰が強くなっている。ヘイト系の人も来るだろうから、こういう場面もちょくちょくあるのだろう。
ちょっとでもヤジると警察の力を借りて排除しようとする某安倍総理とはだいぶ違う。

罵倒君の言ってることは、障害者二人を議員にする前に、あなたが議員となって、それから他の人を党員にすべきだ。順番が逆だということだ。

そのことについての山本太郎の答弁。

それについて、あざといと言われることもある。私は国会の中に政治が確実に動くような人を送り込みたい。国会のバリアフリー化ですぐに結果が出た。今は重度障害者が働けるように学校に行けるように動いている。

もう一つの理由。今の世の中は生産性で測られてる。利益を生み出さなければ生きていていいと思えない社会だ。生産性で人間の価値を決めさせない社会をつくりたい。その意味でも二人が議員になる意味は大きい。二人を送り込んだということは、国会にミサイルを打ち込んだようなものなのです。

というような答弁でした。

10月は・・・

  • 2019.11.03 Sunday
  • 08:17

◆10月21日(月)
胃と大腸の内視鏡検査を受けた。胃は毎年、大腸は2年に一度受けている。

麻酔で寝てる間の検査なので、上から下から検査されているのだろうけど全く記憶がない。麻酔で寝てるのって気持ちいい。

検査自体はラクなんだが、大腸検査は事前に飲む水と下剤の量が半端ない。

起きてすぐコップ2杯の水。そして、1時間かけて下剤をコップ9杯分くらい飲む。さらに1時間後に水2杯である。この最後の2杯がきつい。

下剤と水をそれだけ飲むと、出口のほうが大騒ぎである。ヘトヘトになりつつ、もう大腸検査はしないぞと決心しながら病院に行くことになる。

検査の結果、大腸は問題なしだが、胃は"胃潰瘍"ができていると言われる。

自覚症状はない。生体検査で細胞をとったので、10日後に来てくださいと言われる。

帰って、調べると、胃潰瘍と胃がんの区別がつきにくいので、生体検査をすることが多いとある。若い頃ならそう気にしないが、この年なので胃がんということも十分ありうると落ち着かない10日間をすごす。

胃がんと言われたら、どうなるのか、どうするのかシュミレーションをしてしまう。

◆10月30日(水)
10日後は、病院の休診日にあたってる。11日も待てないので、9日後の今日、電話すると検査結果が出てるというので、出かける。

結果はシロでした。ほっ。

いろいろ考えていた終活はちょっと延期だ。

しかし、胃潰瘍だって問題だ。
夏目漱石は、胃潰瘍で、寝間着の胸をはだけ「ここに水をかけてくれ、死ぬと困るから」といって絶命したのだ。

もらった生活の注意点の紙には食生活と生活習慣の両方がある。

食生活は、
・胃に滞る時間の長い食品を控える。(ステーキ、とんかつ、からあげ)
・胃の粘液を刺激する食品を控える。(アルコール、カフェイン、香辛料、炭酸、熱すぎるもの、繊維の多いもの)

自分にあてはめると、野菜が好きなので繊維の多いものをとりすぎてる気がする。普通は繊維の多いものは体にいいとされているが、胃には負担をかけているのだ。

ナッツも悪いとある。おやつはナッツと決めて食べてたりしてたからなぁ。

生活習慣は、
夜ふかし、ストレスを避ける。

体調も考えて、一年早く退職したのに、現役時代は、一度もかかったことのない胃潰瘍に退職してかかるとは。

どれが胃潰瘍の原因なのかはっきりしないのが、困る。
肉類、脂っこいもの、野菜を控え、コーヒーを飲まない。酒の席も出ないようにし、なるべくストレスがないように、睡眠を十分にとるってちょっと無理っぽい。

しかし、胃潰瘍が出来てるのは事実なので、考えないといけないのだろう。どれが原因か特定してくれると助かるのだが。

2ヶ月薬を飲んで、また胃カメラ検査をする。胃に感謝をこめてとにかく優しくし、耐乏生活をしましょう。

人に言う時には介護疲れで、胃潰瘍ができた と言うことにしている。そう、間違っているわけではない。

身辺雑記:「あ」で始まる曲

  • 2019.10.30 Wednesday
  • 08:03

◆同居人のスマホの機種変更を考えていて、スマホショップに立ち寄る。新しい機種について聞くと、らくらくホンを勧められる。

「いや、普通のスマホでいいので。」
と言うと、普通のスマホを持ってきて、
「これも、らくらくホンみたいな表示になります。」
と、親切に操作して、見せてくれる。

店員は、らくらくホンがお似合いと判断しているようだ。
しょうがないので、
「うわぁ、便利ですね。」
と話を合わせておくと嬉しそうだ。
年寄りは年寄りらしくです。

◆納豆はほぼ毎日食べているが、これはワタシが買いに行く。たいがいは88円くらいなのだが、たまに特売で68円で売ってると嬉しい。とても嬉しい。
なんなんですかね。10円、20円くらいで喜んだりすることは勤めてる頃はなかった気がするのだが。
主婦の気持ちがよく分るようになりました。

◆先輩が、近いうちにカラオケ教室主催のカラオケの会があるので少し練習したいというので、もう一人誘ってカラオケに行く。
ランチ、ドリンクバー付きフリータイムで1300円って安いですね。9時間居られるそうだが、遠慮して6時間にする。

会の歌う順番は、歌う曲のあいうえお順なんだそうだ。人数が多いので、1曲は歌えるが、2曲目は全員は歌えないらしい。決めてる時間が来たら終わりになる。

という事は、「あ」で始まる曲を歌うと有利だ。何の歌を歌うのがいいのか思案する。

先輩が選んだ一つは、秋元順子の新曲「紅いブルース」なんだが、これは歌う人が多いので、かぶることが多いとか。

カラオケの操作パネルの検索に「あ」を入れて探してみる。何と曲の多いこと。TUBEの「あー、夏休み」なんてトップクラスだけど、演歌派の先輩は歌えない。

いろいろ検討の結果「ありふれた人生だけど/すぎもとまさと」に決まった。

すぎもとまさとは、自分の今の心境を吐露するような歌が多くて、好きな歌手だ。演歌界の吉田拓郎と思っている。
この曲もしみじみします。

♪近頃めっきり 酒も弱くなり
色気もとうに ご無沙汰で
昔のことを 思い出しても
昨夜のことは 忘れてる

馴染みの店にも 足が遠のいて
可愛いあの娘の お誘いや
誰かに遊びに 誘われたなら
断りきれない 俺がいる

ああ 浮世の義理も しがらみも
すべて捨てたら 気楽だろうが
そうはいかぬが 人生だから
ぐっとこらえて 苦笑い

それでも 自分は自分さ
誇れるものは ないけれど
ありふれた ありふれた 人生 それでいい

ラグビーワールドカップあれこれ

  • 2019.10.24 Thursday
  • 09:35

ラグビーワールドカップが盛り上がってますね。
不思議なのは、ラグビーファンってあんなにたくさんいたの?ということ。
今までどこに隠れていたのでしょう。急に湧いてきたというイメージだ。にわかファンが多いのかもしれない。

当市も試合会場があって、5回試合が行われる。カレンダーにしっかりマルをしている。見に行くためではなく、その日は外に出ないためだ。

交通規制に交通渋滞、不要不急の外出は避けたほうがいい。飲食店はその日飲み放題をやめると聞いたがこれは都市伝説かな。

知り合いで全試合チケットを買った人がいたが、一番安いところでも4万円かかったそうだ。

準々決勝で一番高いところだと、一試合で4万円する。紳士のスポーツなので庶民には手が出ない。

ニュージーランド対カナダ戦は観客数は34,000人で、シャトルバス400台を出したがそれでも間に合わず、乗車に1時間以上待った人がいたとか。

400台ともなると、県内のバスでは足りずに、県外バスを動員した。その駐車場は学校のサッカー練習場あたりを当てている。

その中の一つの駐車場の近くに住む知人の話では、30台のバスが止まっていたとか。臨時の発電機の音とニオイと渋滞に悩まされたそうだ。

市はこの試合のために、駅近くの一等地を23億円で買取、パブリックビューイングスペースとした。雨対策で屋根を可動式にしたのでその工事だけで5億円くらいかかってる。総事業費30億円だ。

無駄だという声も多かったが、フタを開けると、入場制限をするほどの人気で、関係者はホッとしていることだろう。日本の快進撃のおかげだ。

話が変わるが、大学4年の時、後期の体育の時間は、もう最後だから自分の好きな種目をやって過ごしていいです という粋な計らいで、ワタシはラグビーを選んだ。

前期は全員ラグビーだったので一年ラクビーをしていたことになる。

といっても、タッチラグビーと言う、なんちゃってラグビーで、タックルはなし。タッチすればタックルの代わりになるという鬼ごっこみたいなラグビーだ。
それでもやっていて一番楽しいスポーツはラグビーだった。

一番面白いのは、ゴールまで後2,3メートルというところで、ラインをつくり、攻めるという時ですね。
目は血走しり、体がコーフンに包まれる。ラインを作る面々の顔も気合が入っている。ラクビーは全員で攻めていくので一致団結による高揚感がある。

足の速い友達をウィングの端に置いて、スクラムから出たボールを彼にロングパスして一気に走らせるというのも快感だった。

テレビでラクビーの試合を見ているとそんなことを思い出す。

日本チームは負けてしまったけど、かえってゆっくり見られるような気がする。負け惜しみかな。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Booklog

Copied from: ブクログ -

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM