マッハ!弐

  • 2010.12.25 Saturday
  • 07:55
トニー・ジャーのアクションが見られればそれで満足なので後は末節なことなのだが、その末節を。
アクションは多様性がメインで、体術もムエタイ、カンフーなど、剣については日本の刀もでてきてた。
三節棍が大活躍する。あれってホントに殴られてると思うのだが。

それ以外には群象の背中渡り。身軽に何気なく飛んでいるが落ちれば踏みつぶされる恐れがあるので危険なアクションだ。それとワニとの格闘。ワニを飼いならすことができるのだろうか。

15世紀のタイが舞台ということでその当時の服装や風習が興味深い。剣などは先端が極端に曲がっていたりして面白い。

というような見せ場があるのだが全体としてはボリューム不足な気もする。後半の山場でようやく馬力が出る。
ラストはトラブルがあって撮影が続けられなかったとのことだが捕まって終わりという尻切れトンボで終わっている。続編を意識しているのだろうか。
トニー・ジャーのアクションがあるので末節なことではあるのだが。

スポンサーサイト

  • 2019.06.19 Wednesday
  • 07:55
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    Booklog

    Copied from: ブクログ -

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM