愛の保存法

  • 2008.07.05 Saturday
  • 08:49
相変わらずごく日常にありそうな話を、語り口と会話と比喩で巧みに切り取っていくうまさに舌を巻く。人物が行間から立ち上がってきそうだ。こういうのはカンタンそうで難しいんだろうな。
今回はダメな男とそれをとりまく人たちがテーマのようで、ダメな男に見えて別の切り方をすれば人生の達人だったりするわけだ。

タイトルは同じ人と4回目の結婚をする話。一緒に暮していてもどんどん冷めていく先天性愛情欠乏症の彼を引きとめるため冷却期間を置くというがそれより強い効果の離婚、結婚を繰り替えすことになる。愛情を冷蔵庫にいれるのではなく冷凍庫にいれとくようなもの。愛情のアイスノン枕を作る。なんてあるかもしれないなぁと思うし、比喩がうまい。

他に遊び人の父親に婚約者を紹介したらとられそうになる「パパのベイビーボーイ」。彼女に小言ばかり言われてる頼りない男。彼女の母親が亡くなったことで失地回復をめざすがお坊さんに乗り換えられてしまう「きみ去りしのち」。金にならない素粒子物理の勉強をするため教え子の家に転がり込む「寂しがりやの素粒子」。引越しマニア女性と友だち以上恋人未満の関係を続ける「彼女はホームシック」。複数の女性と5人の子どもをもうけ、養育費を払い続ける「出来過ぎた男」 。

バックにクリスマスのプレゼントがまだ残ってるのを見てほかに子どもがいると悟ったなんて細かいなぁ。
評価:
平 安寿子
光文社
¥ 1,470
(2005-12-14)

スポンサーサイト

  • 2017.05.25 Thursday
  • 08:49
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    こんにちは。同じ本の感想記事を
    トラックバックさせていただきました。
    この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
    お気軽にどうぞ。
    • 藍色
    • 2009/10/22 3:45 PM
    了解しました。
    が、トラックバックしたことがないので少し調べてみます。
    • akiii
    • 2009/10/26 6:49 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    食い違って間違って、うまくいかない男と女。切なさをユーモアで包む、著者の真骨頂。 結婚離婚を繰り返す、おかしなカップル。はた迷惑に...
    • 粋な提案
    • 2009/10/22 3:30 PM
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2009/10/26 7:14 AM

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    Booklog

    Copied from: ブクログ -

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM