COPD

  • 2015.10.18 Sunday
  • 13:08
昨日、蓄膿症の薬を飲んで2週間たつので再び病院へ。またCT検査をするのかと思ったら次回でした。少し改善しているような気がする。

レントゲンと呼気検査をする。喘息について、もう治らないと思っていたので、当面の咳がとれればいいと思っていたのだが、そんな判断は医者がすると言われた。

呼気検査の結果が思わしくなく、タバコで器官を悪くしているのと同じ状態とか。7年前より低下している。何かの値が75で、70以下だと病気ですと言われる。

そのままにしとくと酸素ボンペを持って歩くようになる。そっかこの末路はあれか。喘息といっても喘息発作ということではないようだ。

それで改めてキチンと喘息の治療をしましょうとなる。声がしわがれ声になるのが困るのだが、それはよくなれば声帯に影響しない薬に変えますとのこと。

このまま放置しておくと肺気腫になりますと言われたので、
ネットで調べると
COPD・肺気腫 http://nsleep.com/hp/internal/in-copd/in-copd.htm
とある。こちらの道になるんだ。

スポンサーサイト

  • 2018.09.20 Thursday
  • 13:08
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Booklog

    Copied from: ブクログ -

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM