【映画】海街diary ★★★★

  • 2016.04.12 Tuesday
  • 05:37
こうした日常をきっちり追っかける映画って好きだ。市川準の日常視線が一番好きだったが、是枝監督も負けていない。
映画の中の日常を見据えるとそれが現実世界の日常を見る眼差しにもなるんですね。
テクニックもすごいんだろうなと思う。画面が活き活きしている。カメラのピントが登場人物に鮮明にあって、後はぼかしてる感じかな。また、カメラを定点に据えて演技させて人物がフレームから外れてもそのままでカメラは背景だけを映してるなんてのもびっくりだ。自然に見えるためのいろんな不自然な仕掛けがあるのだろう。俳優さんのキャラも前面に出てる。他の人が演じたら他の映画になってしまう。そういう映画のつくりもいいですね。

スポンサーサイト

  • 2019.11.13 Wednesday
  • 05:37
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    Booklog

    Copied from: ブクログ -

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM