《トランスフォーマー/最後の騎士王》に行かない。

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 06:12

・夏休み2日目をとる。

今日は《トランスフォーマー/最後の騎士王》に行こうと決めていた。11日には《スパイダーマン:ホームカミング》が始まり、一番大きいスクリーンで上映されるのも後2日だ。昨日は復習の意味でアマゾンビデオで前作《トランスフォーマー/ロストエイジ》を再度見ていた。しかし、念のためネットで《トランスフォーマー/最後の騎士王》のレビューを検索したらその評判の悪いこと、悪いこと。


「超映画批評」では35点で『本作のレーティングは誰でも見られるGだが、そろそろ映倫もアンダー8とか、逆レーティングを検討してもいいかもしれない。』とまで書かれていた。映倫がつまらない映画とお墨付きを与えるべきとは厳しい。そこまで言われちゃうとなぁと見る意欲がなくなった。

 

そんなことなら今日、休みをとらなければよかった。

 

《トランスフォーマー》シリーズの売りはロボットが車などいろんなものに変幻自在に変化すること。これは子どもの特に男の子の夢の一つだ。戦隊もののおもちゃでは今でもそうしたものがある。それをCGでリアルに表現できたとき、これで何本か撮れると思ったのだろうが5作はちょっと多いような気がする。中国で人気があるのでやめられないという記事もあった。

 

《トランスフォーマー/ロストエイジ》の時、ロボットが葉巻をくわえてた。ロボットに葉巻はいらないだろうと思ったが、それは製作者だってそう思うわけで、シャレでつけたのだろう。そういうのを面白く思うかどうか。面白がらないといけないのだろうなと思いながら見てるのって面倒ですね。

 

超映画批評「トランスフォーマー/最後の騎士王」 http://movie.maeda-y.com/movie/02201.htm
 

スポンサーサイト

  • 2017.08.18 Friday
  • 06:12
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    Booklog

    Copied from: ブクログ -

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM