「生涯現役で輝くために年金、相続、贈与について学ぶ!」というセミナーに参加する

  • 2018.09.03 Monday
  • 06:24

「生涯現役で輝くために年金、相続、贈与について学ぶ!」というセミナーに参加する。

年金で、64歳までは『報酬比例部分」と言っていたものが、65歳からは「老齢厚生年金」にかわる。というような単純なことが分かっていなかった。それで少し理解できるところがある。

家族信託といった制度があることも知らなかった。ウチは必要ではないが。
制度の概要 | 一般社団法人 家族信託普及協会 http://kazokushintaku.org/whats/

講師の方が、『今、年金は65歳からの支給で、皆さんはこれがさらに伸びるのではと気にされてる方もいらっしゃると思いますが、その可能性は今のところありません。
60歳から65歳に支給を遅らせることについては昭和61年から議論がなされ30年近くかかって実行されました。
そのくらいの時間がかかるものです。しかし今の段階では、支給を遅らせようという議論はなされていません。ですから当分はないと思います。あるとすれは影響を受けるのは二十歳台くらいでしょう。』とのこと。
支給を延長しようとすると、働く場を設けなくてはならないので、カンタンではないが、年金が行き詰まったりするとそれを理由に早く実現することもあるのではないかと思う。

二十歳台の人が年金をもらう頃に年金制度はどうなっているのだろうか。すでに年金制度は破綻しているという話も聞く。年金は資金を株式投資に突っ込んでいる。今は利益が出てるようだが、株価がいいのは、日銀がたくさん買ってるからだ。金融制度に詳しいわけではないので議論はできないが、そんなやり方が正しいとは思えない。今のワタシたちですら不安定な船の上にいると感じているのに、若い人は不安でしょうがないだろうと思う。

スポンサーサイト

  • 2018.10.20 Saturday
  • 06:24
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Booklog

    Copied from: ブクログ -

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM