SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016『旅するソングライター』のライブビューイング

  • 2018.02.07 Wednesday
  • 05:20

土曜日から映画館でSHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016『旅するソングライター』のライブビューイングが始まるので、ムビチケ(前売り券)を買いに行ったら、もう完売です というので驚く。前売り券が完売ということがあるんだ。

 

ライブビューイングの上映スタイルが分からなかったが封切りが近づいてスケジュールを見ることができるようになった。一番いいスクリーンで2週間上映する。小さいスクリーンで夜の1回限りなんじゃないかと疑っていたのだがそんな扱いではなかった。

 

この上映に先立ち<ドルビーアトモス>全国21劇場、初の一斉上映というのもあったが、これは九州では大分だけということもあってか、5分程度で売り切れてしまって入手できず。

 

この手のライブビューイングは以前に比べるとよく行われてる気がする。チケットは2500円するし前売り券完売なら劇場としてもいいお得意様なのだろう。劇場にとっても大きな収入源なのかもしれない。

 

映像はどうせ撮ってDVDにするのだろうからその前にいい音で聞いてもらうのもアリなんだろう。

 

これが定着すれば、遠い会場まででかけて、1万円近いコンサートを見て、帰りのバスに長蛇の列をつくるより効率がいい。どうせ出演者も豆粒のようなもので映像を見てるのだから、音響さえよければ映画館でもいい。このスタイルが定着してくれるといいのだが。とりあえずライブビューイング情報もチェックするようにしよう。

 

<ドルビーアトモス>も外し、ムビチケも外したので、一般上映は朝一番にネット予約した。このコンサートは見てるんだけどね。

見てる人はあの感動をもう一度と思い、行けなかったは見たいと思う。これは儲かるわ。

【TV】 福山★冬の大感謝祭其の十七 (WOWOW)を見る。

  • 2018.02.06 Tuesday
  • 21:58

【TV】 福山★冬の大感謝祭其の十七 (WOWOW)を見る。

大晦日のライブ。4時間近いので見終わるのにも時間がかかる。コンサートの最後。メンバー紹介がすんでラスト・ソングがすんでからも会場関係者に歌えるか確認して時間ぎりぎりまで歌っていた。

 

昔の福山雅治ライブはお尻に尻ヅラをつけて下品狙いでやっていた。サザンを意識しているのか、あえてスマートにしないという感じだった。また本人は沈着冷静で、これだけの大きいコンサートをソツなくこなし、感情が表に出ないのも物足りなかった。

沈着冷静は今もあまり変わらないけどもう尻ヅラなどはなく自然な流れになってきた。ギターで盛り上げられるのでロック色の強いステージづくりができることと、最近は歌詞にいいものが増えたので心に響いてくる。

 

「何度でも花が咲くように私を生きよう」
♪憧れたものにはもうなれないとしても
この道を歩いてみよう 旅を続けよう

 

「明日のSHOW」

♪憧れ描いた夢はちょっと違うけれど
この場所で戦うよ

 

なんてのは中年の感慨が出ていて好きだ。もう49歳ですからね。
 

コンサートの中では新曲を3曲歌っていた。

「暗闇の中で飛べ」が印象に残る。人生って暗闇の中で飛ばなきゃいけないものだとはいい例えだと思う。

「真夜中にファイテングポース」のように一言でパッとイメージが広がる。

 

年齢のこともあって、以前よりは人気が下降気味だけど、アイドル的人気からうまく脱却して50台のニュー福山雅治になるといいなと思う。

観客席に見ると若い人から高齢者まで、男性もずいぶん来ている。少しずつ出来てきてるのではないだろうか。

パッチは履かない

  • 2018.02.05 Monday
  • 22:34

  テレビで使い捨てカイロを腰に貼ると太い血管が温まって身体全体が暖かなくなると言っていたので、仕事にカイロを貼って行く。カイロなんて潔くない感じがしてあまり好きではないのだが、やはり温かいや。

 

パッチは履いていない。あれは年寄りが履くものだと思っているからだが、フト気がつくともう年寄りなんだ。履いてもいいわけか。思考の固定化ってありますね。

 

斉藤和義の「君は僕のなにを好きになったんだろう」の歌詞に

♪僕が大人になったらなんになろうかなんていまでも考えてしまう 可笑しいだろう
というのがあったのを思い出す。さすがに大人になったらなんて は考えなくなったが、夢はみることがある。 

キングコング:髑髏島の巨神 を見る。

  • 2018.02.04 Sunday
  • 22:38

キングコング:髑髏島の巨神 を見る。

CGの時代、昔の特撮映画で有名な作品のNo.1と言えばキングコングでしょうからこうやってCGで登場してもおかしくない。遅かったくらいだ。キングコングだとニューヨークにやってこないといけないがそのあたりはあっさり諦めて、髑髏島の守護神のように位置づけにして、代わりに骸骨デカトカゲを悪役として登場させ、たっぷりCGで対決させる。

 

他にも水牛のようなもの、蜘蛛のようなものと大型動物が現れる。いかに娯楽に徹して作るかということに専念していてその潔さに気分良く見られる。

「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタアイ レッド SPM9635-R」

  • 2018.02.03 Saturday
  • 05:40

子どもがバリスタを入手したので飲んでみる。正確には「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタアイ レッド SPM9635-R」と言う。

 

粉と水をセットするだけで手軽だ。フィルターはどうするのだろうと思ったら、インスタントなんですね。そんなことも知らなかった。

飲んだ感じは日頃飲むコーヒーよりは苦味と深みがある味でインスタントらしさがない。これはバリスタの功績というよりオーガニックという粉の種類なのが正解なのでしょう。

 

一番の売りはカフェラテ、カプチーノができるところでしょう。カップにミルクを入れてセットするとお湯が高速で発射、撹拌され泡立つ。これは普通のコーヒーメーカーではできない技だ。ますますインスタントの味がごまかされる。

 

コーヒーメーカーもあるのでコーヒーのメニューが増えた感じだ。

さらにクックパッドを見るといろんなバリエーションで楽しんでることがわかる。少し試してみたいですね。

 

このバリスタアイの面白いとこは、Blutoothを利用してスマホで粉や水の量を調整しスイッチを押すところだ。本体にはオン・オフのスイッチしかない。コーヒーをいれるのにもスマホの時代なんですね。

 

【みんなが作ってる】 バリスタのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが282万品 https://cookpad.com/search/%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF

 

 

【映画】カジノ が面白い。

  • 2018.02.02 Friday
  • 05:57

【映画】カジノをhuluで見る。

 

1995年の3時間弱ある大作。マーティン・スコセッシ☓ロバート・デ・ニーロの黄金コンビの9作目。今のところこれが最後の作品。もったいないもったいないと思いながら見てた。

 

ナレーションがストーリーを引っ張るスタイルで、ナレーション部分が多い。半生記など叙事的に描く時に用いられるスタイルだ。映像が説明的になり、映画なんだから映像で勝負しろとと言いたくなるが、すぐにマーティン・スコセッシの語り口にはまってしまう。

 

1973年のラスベガスが舞台。昔のラスベガスは今のようなファミリー向きではなく裏ではギャングとつながっている危ない世界だった。その顛末をグイグイと太字で描いていく。

脚本は5年かけて資料を集め、同時に本も書いたというのだからつまらないわけがない。

 

役者陣ではロバート・デ・ニーロがやはり素晴らしい。出るたびに服装を替え、歌姫のコンサートのようだ。キンキン声のジョー・ペシの切れ演技も好きだなぁ。こんな沸点の低い人はいない。奥さん役をシャロン・ストーンがやっていて、これもなりきって毒婦を演じている。

これぞ映画を堪能した。

NHK-FM 「一日“小田和正”三昧」が素晴らしい。

  • 2018.02.01 Thursday
  • 05:34

11月にあったNHK-FM 「一日“小田和正”三昧」を聞く。10時間あったので聞く方もタイヘン。これは人気があったようで、1月にダイジェスト版で再放送されたので後半はダイジェスト版で聞く。三昧シリーズでは珍しく本人が出ていて20人ほどの小田さんへのメッセージを紹介して小田さんのコメント、リクエストに応えていくスタイルだった。

 

小田さんはもう70歳になる。

「通過点ですか?」という問に

「もうさすがに通過点とは思えない」という答えが印象的。どこまでやれるんだうろという70歳の重みがある。

 

コンサートで走ったりしているのが、走っているのを見て、「無理してる」とか「無理してないように見えようとしている」と思われたらもう走らない方がいいと思ってるとか。自然に走れていることが大切とのこと。

ジムに通っているが、それはそのためというよりそういう性格なのだと言っていた。意志、集中力、完璧主義の人だ。

 

走ったりするのは、そうすると皆が喜んでくれるからというサービス精神と言っていた。無愛想でマイペースでやっているように見えて、サービス精神の人だ。こんな番組に出てくれるのもその現れなんだろう。

 

リクエストを募ると「マイホームタウン」が連続する。高島彩も結婚式で、この歌を歌ってもらったとかで、番組でもリクエストしたそうだったが、すでに出ているので、他の曲にしていた。その後、学生時代の校長が出てきてこれも「マイホームタウン」のリクエストで違うバージョンでかけていた。

 

昔は簡単なコード進行の曲は作品ではないと思ってたが、最近はどこまでシンプルになれるかと考えるようになった。唱歌のようなものが素晴らしいと思えるようになったとのことだ。

 

小田さんの曲は優しいメロディとシンプルな歌詞というイメージだが、こうやって聞くと後半の盛り上がり部分にひどく感激したりする。凄みを感じる。昔から聞いてはいたが、一昨年聞いたベスト盤以来とても気になるアーティストですね。

 

最後に鈴木康博さんのコメントがとれたのが、再放送の理由だろうと思う。

「MHKはスゴイことしますね」と言っていた。「消化するのに時間がかかりそう」とも。

 

YASSさんから小田さんへのメッセージ|IN THE WIND https://ameblo.jp/tenotookaoka/entry-12330847000.html

海外ドラマの日々

  • 2018.01.31 Wednesday
  • 05:32

【今月のドラマ】
見終わったのは
「ウォーキングデッドシーズン5」(hulu)
「ブレイキング・バッド シーズン1」(スーパードラマTV)
「ロング・ロード・ホーム」(ナショナルジオグラフィック)
「スタートアップシーズン2」(アマゾンビデオ)

 

上二つはそのまま次のシーズンに移行。


下二つはちょうど今日見終わった。「ロング・ロード・ホーム」(ナショナルジオグラフィック)はイラク戦争を舞台にしたもの。大掛かりなセットを作り、事実に基づいた作品。ナショナルジオグラフィックもしっかりしたドラマづくりをしますね。

 

「スタートアップシーズン2」(アマゾンビデオ)は職場の昼休みにタブレットで見ていた。シーズン1は面白かったが、シーズン2はだいぶ落ちる。「FARGO」もシーズン2はつまらなくなった。初回のクオリティを維持するのは難しい。

 

【来月のドラマ】
今一番話題の「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語シーズン1」(hulu)が始まるがまだスタートは切れない。
「刑事モース〜オックスフォード事件簿〜」(BSブレミアム)は『シャーロック・ホームズを抑えて“最も好きな探偵”第1位に選ばれたこともある』などと言われる見たくなる。

 

【現在進行中】    
.Εーキングデッドシーズン6(hulu)
◆屮屮譽ぅング・バッド シーズン2」(スーパードラマTV)
ゲーム・オブ・スローンズシーズン3(hulu)
ぅΕД鵐肇錙璽構子刑務所シーズン3(hulu)
ゥクニョ運命の女(ひと)(NHKBSプレミアム)

 

録画はテレビ接続のハードディスクに行っている。4Tあるので十分と思ったら399番組を録画、残りは52時間となった。

「馬医」「ブラックリストシーズン1〜5」「ブレイキング・バッドシーズン2〜5」「スパイ大作戦」(週2回放送)が大きい。映画は1月だけで15本とる。4月からは攻勢に出れると思うが後2ヶ月で51時間は厳しい感じがする。「ブレイキング・バッド シーズン2」「馬医」を見るリストに加えて、少しでも消費したい。

 

【コミック】漫画 君たちはどう生きるか/吉野源三郎  (著),羽賀翔一 (漫画)を読む。

  • 2018.01.30 Tuesday
  • 22:54

話題の【コミック】漫画 君たちはどう生きるか/吉野源三郎  (著),羽賀翔一 (漫画)を読む。

幼い頃は自分中心に物事を考えるが、大人になると俯瞰できるようになる。なるほど。出来ていない人、企業、国も多いけど。国なんて国益重視なので、自分中心の見方しかしないので世界がぎくしゃくする。

 

粉ミルクを飲む赤ちゃん。粉ミルクを飲めるようになるためには、牛を飼うところからたくさんの人の手を経て可能になることだ。自分はそうした社会の網の中の一つであると主人公が意識する。

 

そういえばワタシも若い時そういうことを考えていたなと思う。ワタシが一日分の労働をすることで、皆が一日分の労働をし、帰ると、食事をとることができ、風呂に入ることができ、テレビで楽しませてくれる人たちがいる。仕事はタイヘンだけど、皆が一日分の労働をすることで多大のサービスを共有することができる。そんなことを考えていたことを思い出す。

本の中ではそれを「生産関係」と学者は呼ぶと書いてある。調べるとマルクス経済学の言葉なんですね。原作が昔の本なので今はタブーになっているマルクスが顔を出す。

 

こうした本がベストセラーになるというところが面白い。タイトルからして直球ど真ん中の企画であるし、漫画にしたこと、教える人がおじさんにしてるなど工夫もある。内容は道徳的すぎで、若い人は興味を持つのだろうかと思う。ちょっと子どもに読めとはいいにくい。大人が懐かしさで読んでしまいそうな内容。

北朝鮮、文化合同事業の中止を韓国に通告

  • 2018.01.29 Monday
  • 05:35

北朝鮮、文化合同事業の中止を韓国に通告  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26293890Q8A130C1FF2000/

『「合意事項は必ず順守しなければならない」と述べた。』

慰安婦問題の日韓合意の一方的破棄のことを思うとなんとなくおかしい。

 

そう言えば、「オクニョ 運命の女」#42(NHKBSプレミアム)を見たのだけど、韓国が女真族討伐のために明との国境を越境したことを非難して特使が派遣され、宣戦布告のようなことまで口にする。しかし、以前明が「女真族討伐のためなら越境を認める」という通達を見せて追い返す話だった。韓国だって取り決めの遵守を求めるという考え方はあるのでした。

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Booklog

Copied from: ブクログ -

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 川口千里のドラミングがすごい
    akiii (11/04)
  • 川口千里のドラミングがすごい
    ホンロン (11/01)
  • 【TV】ノーナレ選「ミアタリ」(NHK総合)が面白かった。
    akiii (08/26)
  • 【TV】ノーナレ選「ミアタリ」(NHK総合)が面白かった。
    ホンロン (08/25)
  • 【TV】ノーナレ「元ヤクザ うどん店はじめます」(NHK総合)を少しドキドキしながら見る。
    akiii (08/22)
  • 【TV】ノーナレ「元ヤクザ うどん店はじめます」(NHK総合)を少しドキドキしながら見る。
    ホンロン (08/22)
  • 【TV】ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜 土井善晴×宮嶋泰子 (BS朝日)が面白い。
    akiii (05/20)
  • 【TV】ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜 土井善晴×宮嶋泰子 (BS朝日)が面白い。
    ホンロン (05/17)
  • 【本】人魚の眠る家/東野 圭吾
    藍色 (04/05)
  • 子どもの卒業式
    akiii (03/18)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM